バランス調整(1/18予定)(1/15追記)
エピックセブン
  • 公式コミュニティ
  • MOBILE
  • Turn-based RPG
  • Smilegate Holdings

커뮤니티 게시판 글상세

開発者ノート

글상세

開発者ノート

バランス調整(1/18予定)(1/15追記) [16]



 


いつも「エピックセブン」をプレイしていただき、誠にありがとうございます。「エピックセブン」運営チームです。


---


此度はバランス調整により、多くの継承者様にご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。
つきましては、多くの継承者様から1/18(木)バランス調整に関する、貴重なご意見を確認しております。そして、いただいたご意見と共に、慎重に検討を重ねた結果、★4月影英雄【戮力のラッツ】をバランス調整の対象から除くことに決定いたしました。
事前にお伝えいたしました内容を変更することになり大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

---

此度はバランス調整に関する告知が大変遅延してしまったこと、深くお詫び申し上げます。

継承者様との冒険で更なる活躍が期待できるように、一部英雄(11種)と古代遺物(3種)の「能力上方修正」が決まりましたため、お知らせ申し上げます。

 

詳細については、下記の記載をご参照ください。※本バランス調整は、2024/1/18(木)のメンテナンス後に適用されます。

 

1.バランス調整対象



フィナスの調整後のスキル3【烈火崩】【】の明文表記に誤りがありました。
 防御力貫通件の表記が「自身の攻力」と「象の攻力」の順番が異なっていたため、訂正いたしました。

このたびは承者の皆にご迷惑をおかけし、大申しございません。


 

今回の調整では、これまで活用度が低かった英雄のスキルバランスと古代遺物に対する上方修正を行います。

2024/1/18(木)にバランス調整を予定している英雄と古代遺物は、次のとおりです。

 

英雄

レアリティ

名称

★5月影

審判者 キセ

★5月影

実験体 セズ

★5月影

霊眼のセリン

★5聖約

フィナス

★5聖約

エレナ

★5聖約

指揮型 ライカ

★4月影

戮力のラッツ

★4月影

未知の可能性 アカテス

★4聖約

ローマン

★3聖約

モンモランシー

★3聖約

守護天使 モンモランシー

 

古代遺物

レアリティ

名称

★5

サーカスファンタジア

★5

統制のマニカ

★5

神木の枝

 

※バランス調整に記載されたスキルの効果発生率とスキルターンはスキルレベル最大時のものになります。

※スキルターンに関する記載のないスキルについては、スキルターンの変更はありません。

※バランス調整に記載された内容は、実際の更新時に変更する可能性があります。

1-1.英雄のバランス調整

 

1-1-1★5月影英雄

 

審判者 キセ

回転斬り(調整前)

回転斬り(調整後)

敵単体に攻撃し、50%の確率で防御力DOWN2ターンの間付与する。

敵単体を攻撃する。対象の防御力を20%貫通する。

スキル強化:

+1 ダメージ15%UP
+2 
効果発生率5%UP
+3 
効果発生率10%UP
+4 
ダメージ15%UP

スキル強化:

+1 ダメージ5%UP
+2 
ダメージ5%UP
+3 
ダメージ10%UP
+4 
ダメージ10%UP

邪悪の終焉(調整前)

邪悪の終焉(調整後)

敵全体に攻撃し、命中率DOWN1ターンの間付与する。

敵全体を攻撃し、すべての強化効果を解除した後、100%の確率で反撃不可を2ターンの間・75%の確率で防御力DOWN2ターンの間付与する。

スキルターン:3

スキルターン:4

 

魂力解放(魂力20):追加ターンが発生する。

スキル強化:

+1 ダメージ5%UP
+2 
ダメージ5%UP
+3 
ダメージ10%UP
+4 
ダメージ10%UP

スキル強化:

+1 ダメージ15%UP
+2 
効果発生率5%UP
+3 
効果発生率10%UP
+4 
ダメージ15%UP

光の波動(調整前)

光の波動(調整後)

敵全体に攻撃した後、それぞれ80%の確率で、強化効果を1つ解除した後に2回スキルターンを1増加させる。自身にスキルダメージ無効を1回付与する。対象の数が多いほどダメージがUPする。

敵全体を攻撃した後、スキルターンを1増加させる。対象の数が多いほどダメージがUPする。

スキルターン:5
 

スキルターン:4
ダメージUP

魂力解放(魂力20):追加ターンが発生する。

 

スキル強化:

+1 ダメージ5%UP

+2 効果発生率10%UP

+3 ダメージ5%UP

+4 スキルターン1減少

+5 効果発生率10%UP

+6 ダメージ10%UP

+7 ダメージ10%UP

スキル強化:

+1 ダメージ5%UP

+2 ダメージ5%UP

+3 ダメージ5%UP

+4 スキルターン1減少

+5 ダメージ5%UP

+6 ダメージ5%UP

+7 ダメージ10%UP

光の波動【覚醒済】(調整前)

光の波動【覚醒済】(調整後)

敵全体に攻撃した後、それぞれ80%の確率で、強化効果を1つ解除した後に3回スキルターンを1増加させる。自身にスキルダメージ無効を1回付与する。対象の数が多いほどダメージがUPする。

敵全体を攻撃した後、スキルターンを1増加させる。 自身に無敵を1ターンの間付与する。対象の数が多いほどダメージがUPする。

スキルターン:5
 

スキルターン:4
 
ダメージUP

魂力解放(魂力20):追加ターンが発生する。

 

スキル強化:

+1 ダメージ5%UP

+2 効果発生率10%UP

+3 ダメージ5%UP

+4 スキルターン1減少

+5 効果発生率10%UP

+6 ダメージ10%UP

+7 ダメージ10%UP

スキル強化:

+1 ダメージ5%UP

+2 ダメージ5%UP

+3 ダメージ5%UP

+4 スキルターン1減少

+5 ダメージ5%UP

+6 ダメージ5%UP

+7 ダメージ10%UP

刻印集中(調整前)

刻印集中(調整後)

攻撃力 6%-18%

効果命中率 9%-27%

 

【審判者 キセ】は、魂力解放効果を活用したスキルの連携が強力な英雄です。しかし、スキル3【光の波動】以外のスキルは特にバトルで影響力を与えられず、活用が難しいという弱点がありました。今回の調整では、スキル2【邪悪の終焉】を中心に上方修正を行い【審判者 キセ】の活用度を上げたいと思います。

まず、【邪悪の終焉】の効果を「敵全体に攻撃し、強化効果をすべて解除し、反撃不可および防御力DOWNを2ターンの間付与する」に変更します。さらに、追加ターンが発生する魂力解放効果を【光の波動】ではなく【邪悪の終焉】で使用できるように変更します。これにより、敵に付与した弱体効果と連携して次の攻撃を展開しやすくなる見込みです。

上記の変化に合わせて【光の波動】の「敵の強化効果を解除する」効果は削除されますが、スキルの基本ダメージを増加させ、全体攻撃スキルとしての側面を強化するつもりです。また「スキルターンを増加させる」効果は敵を確実に牽制できるよう、発生回数を1回に調整する代わりに発生確率を100%に調整します。また「スキルダメージ無効」を「無敵」に変更し、スキル使用後の生存率を補強します。

【邪悪の終焉】で敵全体に「防御力DOWN」を付与できるようになった分、スキル1【回転斬り】の効果を「防御力DOWNを付与する」から「対象の防御力を貫通する」に変更します。従来よりも強力な弱体効果を付与できる仕様になったので、刻印集中のステータスも「攻撃力」から「効果命中率UP」に変更します。

【邪悪の終焉】で「反撃不可」と「防御力DOWN」を付与する→魂力解放の追加ターンに【光の波動】で敵の反撃を封じると同時に大きなダメージを与える→「スキルターン増加」「無敵」でバトルの優位を保つ 以上の流れで、上手く連携することができれば、確実な利点を得られると期待しています。今回の調整で【審判者 キセ】が継承者の皆様と共に様々なバトルで活躍できることを期待します。

 

実験体 セズ

閃光の嵐(調整前)

閃光の嵐(調整後)

敵単体に攻撃し、防御力を30%貫通する。対象がスタン状態の場合、防御力を100%貫通する。このスキルで敵を気絶させた場合、対象を消滅させ、スキルターンが0になる。このスキルが使用可能な状態の時、自身以外の味方が攻撃を受けた時、20%の確率で反撃する。

敵単体に攻撃し、防御力を30%貫通する。対象がスタン状態の場合、防御力を100%貫通する。このスキルで敵を気絶させた場合、対象を消滅させ、スキルターンが0になる。このスキルが使用可能な状態の時、回避率が50%UPする。

 

現状【実験体 セズ】は、対象に「スタン状態」がない場合、中々活躍できないという弱点があります。この弱点を補うために、2021/1/21(木)のバランス調整で【実験体 セズ】のスキル3【閃光の嵐】に反撃を行う効果を追加しましたが、確率に左右される側面があるため期待より活躍されませんでした。上記を踏まえ、バトルで十分に威力を発揮する状況になるまで【実験体 セズ】が生存できるように、【閃光の嵐】から反撃を行う効果を削除し「回避率がUPする」効果を追加します。今回の調整で補強された生存力を基にして、【実験体 セズ】がバトルで十分な活躍を見せられることを期待します。

 

霊眼のセリン

重斬(調整前)

重斬(調整後)

敵単体に攻撃する。連携攻撃以外の場合、50%の確率で【重斬】の代わりに【快剣】を発動する。

自身が降神状態の場合、発動率が2倍になる。このスキルでは連携攻撃が発生しない。

快剣 : 自身の弱体効果を1つ解除した後、敵に攻撃する。対象の防御力を35%貫通する。

敵単体を攻撃する。連携攻撃以外の場合、50%の確率で【重斬】の代わりに【快剣】を発動する。

自身が降神状態の場合、発動率が2倍になる。このスキルでは連携攻撃が発生しない。

快剣 : 自身の弱体効果を1つ解除した後、敵に攻撃し、与えたダメージに応じて自身の生命力を回復する。 対象の防御力を50%貫通する。

 

【快剣】のダメージDOWN

鬼門 : 降神烈火(調整前)

鬼門 : 降神烈火(調整後)

自身に降神を3ターンの間付与する。気絶した味方全体を復活させた後、味方全体に不死を1ターンの間付与する。

 

降神(解除不可):クリティカル攻撃を受けた時に反撃する。与えたダメージに応じて自身の生命力を回復する。

自身に降神を3ターンの間付与する。気絶した味方全体を復活させた後、味方全体に不死を1ターンの間付与する。

 

降神(解除不可):攻撃力が25%UPする。クリティカル攻撃を受けた時に反撃する。

鬼門 : 降神烈火【覚醒済】(調整前)

鬼門 : 降神烈火【覚醒済】(調整後)

自身の弱体効果をすべて解除し、自身に降神を3ターンの間付与する。気絶した味方全体を復活させた後、味方全体に不死を1ターンの間付与する。

 

降神(解除不可):クリティカル攻撃を受けた時に反撃する。与えたダメージに応じて自身の生命力を回復する。

自身の弱体効果をすべて解除し、自身に降神を3ターンの間付与する。気絶した味方全体を復活させた後、味方全体に不死を1ターンの間付与する。

 

降神(解除不可):攻撃力が25%UPする。クリティカル攻撃を受けた時に反撃する。

 

【霊眼のセリン】は、気絶した味方全体を復活させた後「不死」を付与するたけでなく、「降神」状態では反撃を行えるなど潜在力が高い英雄ですが、スキルダメージと持続力の側面で多少の弱みがあります。これからは「降神」状態でなくとも常に与えたダメージの一部を回復できるように【快剣】スキルの効果を変更します。さらに防御力貫通の数値も調整し、防御力の高い敵にも十分なダメージを与えられるように上方修正を行います。上記の変更に合わせて【快剣】のスキルダメージは少し減少しますが、「降神」に「攻撃力が25%UPする」効果を追加して英雄の全体的な使用性を改修する予定です。

 

1-1-2★5聖約英雄

 

フィナス

無影脚(調整前)

無影脚(調整後)

敵単体に攻撃する。自身が強化状態の場合、攻撃が命中した時、自身の攻撃力に応じて対象に追加ダメージを与える。

敵単体を攻撃する。攻撃命中時、自身の攻撃力に応じて対象に追加ダメージを与える。

 

追加ダメージUP

 

魂力解放(魂力10):ダメージ・追加ダメージがUPする。

突撃の構え(調整前)

突撃の構え(調整後)

攻撃力が30%UPする。

攻撃時、クリティカルが発生しない。

クリティカル攻撃を受けた時、ダメージが30%DOWNする。ダメージDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。

バトル開始時・ターン終了時、自身にシールドを1ターンの間付与する。自身の攻撃力が高いほどシールド効果がUPする。

攻撃時、クリティカルが発生しない。

クリティカル攻撃を受けた時、ダメージが30%DOWNする。ダメージDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。

ターン開始時、弱体状態でない場合、攻撃力UP1ターンの間付与する。

スキル強化:

+1 攻撃力1%UP

+2 攻撃力2%UP

+3 攻撃力2%UP

+4 攻撃力2%UP

+5 攻撃力3%UP

スキル強化:

+1 受けるダメージ1%DOWN

+2 受けるダメージ2%DOWN

+3 受けるダメージ2%DOWN

+4 受けるダメージ2%DOWN

+5 受けるダメージ3%DOWN

烈火崩撃(調整前)

烈火崩撃(調整後)

敵単体に攻撃した後、自身に免疫を2ターンの間付与する。対象の最大生命力が自身の最大生命力より高いほど防御力を貫通し、最大100%まで貫通する。

敵単体を攻撃した後、自身に免疫・シールドを2ターンの間付与する。対象の攻撃力が自身の攻撃力より高いほど防御力を貫通し、最大100%まで貫通する。自身の攻撃力が高いほどシールド効果がUPする。

スキルターン:4

スキルターン:3
 
ダメージDOWN

魂力解放(魂力20):追加ターンが発生する。

 

烈火崩撃【覚醒済】(調整前)

烈火崩撃【覚醒済】(調整後)

自身の弱体効果をすべて解除し、敵単体に攻撃した後、自身に免疫を2ターンの間付与する。対象の最大生命力が自身の最大生命力より高いほど防御力を貫通し、最大100%まで貫通する。

自身の弱体効果をすべて解除し、敵単体に攻撃した後、自身に免疫・シールドを2ターンの間付与する。自身の攻撃力が対象の攻撃力より高いほど防御力を貫通し、最大100%まで貫通する。自身の攻撃力が高いほどシールド効果がUPする。

スキルターン:4

スキルターン:3

ダメージDOWN

魂力解放(魂力20):追加ターンが発生する。

 

 

【フィナス】は、非情に大きな影響力を発揮していたことで下方修正が適用された英雄ですが、下方修正後は著しく活躍が減少してしまいました。よって適度な範囲内での上方修正を行う予定です。継承者の皆様のご理解とご了承を何卒よろしくお願いいたします。

まず、スキル1【無影脚】の追加ダメージ発生条件を緩和し、与える追加ダメージも少し増加させる予定です。そして、パッシブスキル【突撃の構え】は今後毎ターン自身に攻撃力UPを付与するようになります。これにより、様々な組み合わせで【フィナス】を活用できるようになるでしょう。上記の変更に伴い、基本的に攻撃力が30%UPする効果は削除します。また、【突撃の構え】の効果で付与していたシールドも【烈火崩撃】で付与するように変更します。

スキル3【烈火崩撃】の場合、対象と自身の「最大生命力」ではなく「攻撃力」に応じて防御力を貫通するようにスキルの仕様を変更します。【フィナス】はより生存力を確保できるようになり、自力で「攻撃力UP」を付与して容易に防御力を貫通できるようになりましたが、スキルの基本ダメージは減少する予定です。【烈火崩撃】のスキルターンが減少され、魂力解放の追加ターン効果は【無影脚】のダメージUPに変更されます。

 

エレナ

永久に輝く彗星(調整前)

永久に輝く彗星(調整後)

敵全体に攻撃し、味方全体に無敵を1ターンの間付与する。

敵全体に攻撃し、味方全体の弱体効果を1つ解除した後、無敵を1ターンの間付与する。

永久に輝く彗星【覚醒済】(調整前)

永久に輝く彗星【覚醒済】(調整後)

敵全体に攻撃し、味方全体に無敵を1ターン・効果抵抗率UPを2ターンの間付与する。

敵全体に攻撃し、味方全体の弱体効果を1つ解除した後、無敵を1ターン・効果抵抗率UPを2ターンの間付与する。

 

【エレナ】の場合、スキル3【永久に輝く彗星】に「味方全体の弱体効果を1つ解除する」効果を追加します。専用装備を活用した場合は【永久に輝く彗星】で最大2つの弱体効果を解除できるため、味方に「無敵」および「効果抵抗率UP」を従来よりも付与しやすくなるでしょう。

 

今回のバランス調整に併せ、【エレナ】の専用装備2の効果を以下のように調整します。

 

専用装備2(調整前)

専用装備2(調整後)

【永久に輝く彗星】を使用した時、効果の前に味方全体の弱体効果を1つ解除する。

【永久に輝く彗星】を使用した時、味方全体の弱体効果を1つ多く解除する。

 

専用装備の効果変更により、バランス調整が適用されるメンテナンスから2週間、専用装備のオプション変更機能を提供します。オプション変更機能の提供は、バランス調整の適用によってオプションが変わった専用装備に限ります。なお、当該メンテナンスよりも後に獲得した専用装備はオプション変更の対象に含まれません。オプション変更が適用された専用装備は既存のステータスがそのまま維持され、一度変更した専用装備のオプションは再度変更できません。

 

指揮型 ライカ

全弾一斉射撃(調整前)

全弾一斉射撃(調整後)

敵全体に攻撃し、100%の確率でスピードDOWNを2ターン・75%の確率で睡眠を1ターンの間付与する。

敵全体に攻撃し、それぞれ100%の確率でスピードDOWNを2ターンの間・睡眠を1ターンの間付与する。

全弾一斉射撃【覚醒済】(調整前)

全弾一斉射撃【覚醒済】(調整後)

敵全体に攻撃し、100%の確率でスピードDOWNを2ターン・75%の確率で睡眠を1ターンの間付与した後、味方全体に免疫を2ターンの間付与する。

敵全体に攻撃し、それぞれ100%の確率でスピードDOWNを2ターンの間・睡眠を1ターンの間付与した後、味方全体に免疫を2ターンの間付与する。

 

【指揮型 ライカ】の場合、スキル3【全弾一斉射撃】の性能を上方修正します。味方を安定的にサポートできるように【全弾一斉射撃】で付与する「睡眠」の効果発生率を最大100%に調整します。また専用装備を付けるとスキル2【攻撃命令】が、「標的」付与の前に強化効果を解除するように変更されます。

 

今回のバランス調整に併せ、【指揮型 ライカ】の専用装備2の効果を以下のように調整します。

 

専用装備2(調整前)

専用装備2(調整後)

【全弾一斉射撃】の睡眠発生率が10%UPする。

【攻撃命令】を使用した時、対象の強化効果を1ターン短縮させる。(標的の付与より優先)

 

専用装備の効果変更により、バランス調整が適用されるメンテナンスから2週間、専用装備のオプション変更機能を提供します。オプション変更機能の提供は、バランス調整の適用によってオプションが変わった専用装備に限ります。なお、当該メンテナンスよりも後に獲得した専用装備はオプション変更の対象に含まれません。オプション変更が適用された専用装備は既存のステータスがそのまま維持され、一度変更した専用装備のオプションは再度変更できません。

 

 

1-1-3★4月影英雄

 

戮力のラッツ

マジカルインジェクション(調整前)

マジカルインジェクション(調整後)

味方単体に攻撃力UPを2ターンの間付与し、アクションゲージを100%UPさせる。

味方単体に攻撃力UPを2ターンの間付与し、アクションゲージを100%UPさせる。 自身に効果命中率UP2ターンの間付与する。

スキルターン:2

スキルターン:3

 

魂力解放(魂力20):追加ターンが発生する。

マジカルインジェクション【覚醒済】(調整前)

マジカルインジェクション【覚醒済】(調整後)

味方単体に攻撃力UPを2ターンの間付与し、アクションゲージを100%UPさせる。自身に攻撃力UP2ターンの間付与し、アクションゲージを30%UPさせる。

味方単体に攻撃力UP・効果命中率UP2ターンの間付与し、アクションゲージを100%UPさせる。自身に効果命中率UP2ターンの間付与する。 

スキルターン:2

スキルターン:3

 

魂力解放(魂力20):追加ターンが発生する。

ボルティックブラスト(調整前)

ボルティックブラスト(調整後)

敵全体に攻撃し、75%の確率で沈黙を2ターンの間付与する。

敵全体に攻撃し、化効果を2つ解除し、75%の確率で沈黙を2ターンの間付与する。

魂力解放(魂力20):追加ターンが発生する。

 

 

【戮力のラッツ】は、従来よりも上手く味方をサポートし、敵を牽制できるように上方修正を行う予定です。まず、活用が難しかった【マジカルインジェクション】の効果「自身に攻撃力UPを付与する」を「味方単体と自身に効果命中率UPを2ターンの間付与する」に変更します。【マジカルインジェクション】のスキルターンは2ターンから3ターンへと増加しますが、追加ターンが発生する魂力解放効果を【マジカルインジェクション】で使用できるように変更し、【戮力のラッツ】のスキルを連携で活用できるように調整します。スキル3【ボルティックブラスト】には「沈黙」を付与する前に「強化効果を2つ解除する」効果を追加し、【戮力のラッツ】の牽制能力を大きく改修する予定です。

 

未知の可能性 アカテス

 

物質の再構成(調整前)

物質の再構成(調整後)

味方全体の弱体効果をすべて解除した後、解除した弱体効果と同じ数のランダム強化効果を2ターンの間付与する。このスキルがスキルターン上使用可能な状態の場合、敵のターン終了時、自身のアクションゲージを15%UPさせる。

味方全体の弱体効果をすべて解除した後、解除した弱体効果と同じ数のランダム強化効果を2ターンの間付与する。このスキルがスキルターン上使用可能な状態の場合、敵のターン終了時、自身のアクションゲージを20%UPさせる。

物質の再構成【覚醒済】(調整前)

物質の再構成【覚醒済】(調整後)

味方全体の弱体効果をすべて解除した後、解除した弱体効果と同じ数のランダム強化効果を2ターンの間付与し、生命力を回復する。自身の最大生命力が高いほど回復量がUPする。

このスキルがスキルターン上使用可能な状態の場合、敵のターン終了時、自身のアクションゲージを15%UPさせる。

味方全体の弱体効果をすべて解除した後、解除した弱体効果と同じ数のランダム強化効果を2ターンの間付与し、生命力を回復する。自身の最大生命力が高いほど回復量がUPする。

このスキルがスキルターン上使用可能な状態の場合、敵のターン終了時、自身のアクションゲージを20%UPさせる。

 

【未知の可能性 アカテス】の場合、味方が弱体状態であれば更にターンを早く獲得して弱体効果を解除できるように、スキル3【物質の再構成】でUPさせるアクションゲージの量を15%から20%へ上方修正します。

 

1-1-4★4聖約英雄

 

ローマン

ブラックホールドライブ(調整前)

ブラックホールドライブ(調整後)

敵全体に攻撃し、強化効果をすべて解除し、自身のアクションゲージを50%UPさせる。対象が強化状態の場合、ダメージがUPする。 

敵全体に攻撃し、強化効果をすべて解除した後、束縛を2ターンの間付与する。身のアクションゲージを50%UPさせる。

ブラックホールドライブ【覚醒済】(調整前)

ブラックホールドライブ【覚醒済】(調整後)

敵全体に攻撃し、強化効果をすべて解除し、自身のアクションゲージを50%UPさせる。対象が強化状態の場合、ダメージがUPし、2つの毒を2ターンの間付与し、アクションゲージを30UPさせる。

敵全体に攻撃し、強化効果をすべて解除した後、束縛・2つの毒を2ターンの間付与する。自身のアクションゲージを50%UPさせる。

 

【ローマン】の場合、弱体効果を用いて敵を牽制する役割を更に上手く遂行できるように上方修正を行います。スキル3【ブラックホールドライブ】は「対象が強化状態の場合」スキルダメージがUPし、自身のアクションゲージを追加でUPさせるスキルです。今回の調整では、上記の条件と効果を削除する代わりに、「敵全体に束縛を2ターンの間付与する」効果を追加する予定です。

 

1-1-5★3聖約英雄

 

モンモランシー

睡眠魔法(調整前)

睡眠魔法(調整後)

敵単体に攻撃する。50%の確率で眠を1ターンの間付与する。

敵単体に攻撃する。75%の確率で眠を1ターンの間付与する。

 

守護天使 モンモランシー

睡眠魔法(調整前)

睡眠魔法(調整後)

敵単体に攻撃する。50%の確率で眠を1ターンの間付与する。

敵単体に攻撃する。75%の確率で眠を1ターンの間付与する。

孤独のルーン(調整前)

孤独のルーン(調整後)

精鋭・ボスモンスター以外の敵から攻撃を受けた時、受けるダメージが15%DOWNする。ダメージDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。

精鋭・ボスモンスター以外の敵から攻撃を受けた時、受けるダメージが20%DOWNする。ダメジDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。

 

 

【守護天使 モンモランシー】の場合、スキル1【睡眠魔法】の「睡眠」効果発生率を増加させ、「孤独のルーン」のダメージDOWN効果でDOWNするダメージの数値を最大20%に増加させることで、従来よりも長く生存しながら敵をけん制できるように上方修正を行う予定です。

 

1-2.古代遺物のバランス調整

 

1-2-1★5古代遺物

 

サーカスファンタジア

効果(調整前)

効果(調整後)

バトル開始時、自身の効果命中が25-50%UPする。この効果は自身が攻撃するたび、2.5-5%DOWNし、最小12.5-25%までDOWNする。

クリティカル発生率が15UPする。

バトル開始時、自身の効果命中が25-50%UPする。攻撃をする度、効果命中率が2.5-5%DOWNし、最小12.5-25%までDOWNする。

 

【サーカスファンタジア】の場合、バトル開始時、効果命中率だけでなくクリティカル発生率もUPさせるように上方修正を行う予定です。今回の調整により、弱体効果を付与して積極的に敵を攻めるウォリアーが有効活用できる古代遺物となることを期待します。

 

統制のマニカ

効果(調整前)

効果(調整後)

敵単体に攻撃した時、命中率が10-20%・クリティカル発生率が15%UPする。

クリティカル発生率が15UPする。

敵単体を攻撃した時、命中率が10-20%UPする。

 

【統制のマニカ】は「敵単体を攻撃した時」にクリティカル発生率をUPさせる古代遺物ですが、今後は古代遺物の基本効果として常にクリティカル発生率をUPさせるように上方修正を行う予定です。

 

神木の枝

効果(調整前)

効果(調整後)

効果命中率が15-30%UPする。

スキル1を使用した後、自身以外の攻撃力が最も高い味方のアクションゲージを10%UPさせる。この古代遺物の効果は同編成内において1人まで適用される。

効果命中率が15-30%UPする。

攻撃後、自身と自身以外の攻撃力が最も高い味方のアクションゲージを10%UPさせる。この古代遺物の効果は同編成内において1人まで適用される。

 

【神木の枝】の場合、「スキル1の使用」という効果発生条件を削除し、攻撃力が最も高い味方だけでなく、【神木の枝】を装備した英雄のアクションゲージも追加でUPさせるように上方修正を行う予定です。

 

1/18(木)に実施予定の定期バランス整の内容は以上となります。

 

いつもエピックセブンをご愛顧いただいている継承者の皆様へ、心より感謝いたします。これからも継承者の皆様からの様々なご意見に耳を傾け、よりゲームを楽しんでいただけるよう尽力してまいります。

 

改めまして、バランス調整に関するご案内が遅れてしまったこと、深くお詫び申し上げます。

今後とも「エピックセブン」をよろしくお願いいたします。





コメント 16
通知を解除しました。
BEST

闇ラッツのスキル2のリキャスト増加は完全に下方修正です。

精霊の息吹と合わせてループする現環境の闇ラッツを知らないとしか思えない。

スキル3を使わせたいのか知らないけど下方修正する意味が分かりません。

直近の闇ラッツのバトルを100回は見直してから発表してもらいたいね。

早急に撤回してください、現使用者として許せません。


BEST

闇ラッツに関しては実質下方修正にしか感じません。

現環境において闇ラッツより基礎スピードの高い解除やゲージアッパーキャラが多く、一部キャラに於いては魂力開放で抵抗無視が可能。

この中での闇ラッツの優位性は短いクールタイムの100%ゲージアップでした。

この変更では基礎スピードの高いキャラには動けず、デバッファーとしても中途半端、

メリットであったクールタイムの短さが無くなり置物になる時間が増加するという下方修正です。

またs2に追加ターンがあってもリリアス等の非攻撃メタに完封されるだけです。

反撃環境に於いては沈黙だけでは反撃を誘発しs3もまともには使えません。

この変更が入るくらいならそのままにして欲しいのが率直な感想です。

BEST

またフィナス組み直しか…もういい加減にしてくれよ


フィナスのS3の説明文覚醒済みしか直されてねーよ

運営しっかりしろ

古い記憶だけど息吹闇ラッツが機能しないと深淵とかだるくなるだろうなぁ〜

闇ラッツに関しては実質下方修正にしか感じません。

現環境において闇ラッツより基礎スピードの高い解除やゲージアッパーキャラが多く、一部キャラに於いては魂力開放で抵抗無視が可能。

この中での闇ラッツの優位性は短いクールタイムの100%ゲージアップでした。

この変更では基礎スピードの高いキャラには動けず、デバッファーとしても中途半端、

メリットであったクールタイムの短さが無くなり置物になる時間が増加するという下方修正です。

またs2に追加ターンがあってもリリアス等の非攻撃メタに完封されるだけです。

反撃環境に於いては沈黙だけでは反撃を誘発しs3もまともには使えません。

この変更が入るくらいならそのままにして欲しいのが率直な感想です。

光アカテス・ライカ・エレナは純粋な強化だと思います


闇ラッツは下方修正なんですかね?これ、全体攻撃からの解除はいいんですが沈黙確率75%では劣化エンジェリカでしかないように思えます


フィナスの S3は誤植であることを祈ります

誤植ですよね?

それを除いてもパッシブの攻撃力30%がなくなるのは純粋に辛いです

過去の罪はそろそろ許してあげて欲しいです

【実験体 セズ】キャラの魅力が引き立たない修正


問題点と対応が噛み合ってないように思えます。

スタン状態がない場合、活躍ができないことが弱点である。と述べられています。

であれば、スタン付与に対する強化をすべきではないでしょうか?

S2に強化短縮1ターンでもあれば、グッと魅力的になると思うのですが。。。


『消滅』は数的優位を作る要素だと思っています。

なので、手早く S3を打つことができれば、結果的に 生存率は上がるでしょう。

遺物で潜伏できますし。


最後に。

回避アップ『だけ』では生存は厳しいです。

個性も弱いです。

ちゃんとプレイして対策して下さい。

バランス調整

英語版の説明では、

When the caster's Attack is greater than the target's Attack, penetrates the target's Defense, ...

となっているので、フィナスの攻撃力が高いほど貫通が正しいようです

フィナスの魂力の追加ターンないと困るんだが?

ターン開始時の攻撃力バフも単体で完結してるといえばそうなんだが、ベニマルの刀や他のキャラによる攻撃力バフと噛み合わないからビルドや立ち位置が変わってくる。

単なる上方修正ではないよね。

闇ラッツのスキル2のリキャスト増加は完全に下方修正です。

精霊の息吹と合わせてループする現環境の闇ラッツを知らないとしか思えない。

スキル3を使わせたいのか知らないけど下方修正する意味が分かりません。

直近の闇ラッツのバトルを100回は見直してから発表してもらいたいね。

早急に撤回してください、現使用者として許せません。


ほんとそれ

上方修正と言いつつ闇ラッツを下方修正したいのかと思った。

「古代遺物の場合、クリティカル発生率UPが英雄の基本ステータスに合算されるタイプと、攻撃時のスキルに適用されるタイプがあります。前者は上述の通り基本ステータスに合算されるため、上限である100%を超えてクリティカル発生率をUPさせることはできません。後者に該当する★5古代遺物「統制のマニカ」の場合、攻撃時にクリティカル発生率をUPさせるため、一時的に100%を超えて適用されることがあります。」


過去にこんな裁定ありましたけど今回の統制のマニカ調整は見方によっては弱体化してません?

単体攻撃以外でもクリティカル発生率を上げたいっていう思惑なんでしょうけど、だったら単体攻撃っていう条件つけなければいいだけでは?

またフィナス組み直しか…もういい加減にしてくれよ


同じく、先日やっと調整前まで攻撃を戻せたのが完全に別物になってて完全に組み直しで作った装備の行き場に困ることになりました。

フィナスS3の「対象の攻撃力が自身の攻撃力より高いほど防御力を貫通」と下の説明で言っている内容が違う気がしますがどちらが本当ですか?

フィナスのスキル3の文言おかしくないですか

フィナスの攻撃力が低い方が威力が高くなるって表記になってますよ

仮に合っているにしても自ターンで攻撃バフ付くのがデメリットになってますし

フィナスのスキル3の説明あってますか?「対象の攻撃力が自信より高いほど」ってなってますが、それだとバッシブで攻撃力アップつくのデメリットでしかないですね。

開発者ノートの投稿/コメント

リスト
작성 시간 2024.01.15
image
+1

★5英雄【エルヴィラ】のバランス調整およびリコールについて(1/18予定) [10]

2024.01.15
2024.01.15 10:00
작성 시간 2024.01.11
image
+1

★5英雄【エルヴィラ】のバランス調整および今後の方向性について [27]

2024.01.11
2024.01.11 14:10
작성 시간 2024.01.09
image
+1

バランス調整(1/18予定)(1/15追記) [16]

2024.01.09
2024.01.09 11:00
작성 시간 2024.01.05
image
+1

バランス調整に関する告知遅延のお知らせ

2024.01.05
2024.01.05 03:00
작성 시간 2023.12.21
image
+1

★5英雄【ビブリス】のバランス調整について(12/21予定)

2023.12.21
2023.12.21 03:00