ワールドアリーナ「シーズン:勇姿」シーズンレポート
エピックセブン
  • コミュニティ
  • MOBILE
  • Turn-based RPG
  • Smilegate Holdings

커뮤니티 게시판 글상세

開発者ノート

글상세

開発者ノート

ワールドアリーナ「シーズン:勇姿」シーズンレポート




いつも「エピックセブン」をプレイしていただき、誠にありがとうございます。
「エピックセブン」運営チームです。

普段よりワールドアリーナをお楽しみいただいている継承者の皆様に、改めて感謝申し上げます。
本告知では、ワールドアリーナ「シーズン:勇姿」のシーズンレポートをお届けして参ります。
 

「シーズン:勇姿」は、シーズン中期を起点として主流戦略が変化し、主流戦略の中心英雄と、それに確実に対抗できる能力を持った英雄たちが活躍したシーズンでした。
 

まず、自身や味方のクリティカル抵抗率をUPさせて組み合わせの安定性を高め、強力な全体攻撃を繰り出す「海軍大佐 ランディ」の登場により、攻撃命中時にクリティカルが発生する効果を持つ「孤月のヴェローナ」と、激爆で相手のクリティカル抵抗率を無力化できる「狂炎のカワズ」のような従来の英雄が注目されました。また、全体攻撃の対応に優れ、自身も強力な全体攻撃をする「ラストライダー クラウ」、敵の反撃と追加攻撃の対応に特化した「獅子王 チェルミア」の採用率も増加しました。
 

さらに、攻撃以外のスキルに上手く対応できるため「支配者 リリアス」への有効な対抗策となった「海の香り ルルカ」や、固定ダメージで防御力の高いウォリアーをけん制する「レーテー」など、新しく主流戦略の一部となった新規英雄と従来英雄の間に激しい競争が確認されたシーズンでもあります。

 

続きましては、数値面でも変化の内容を確認するために、プレBANとファーストピック、編成のデータを集計しました。

 

■プレBAN

特定英雄のプレBAN割合は、全試合の中でその英雄がプレBANされた試合の割合を意味します。

例えば、プレBANの割合が50%である英雄の場合、その英雄は集計対象の全試合の半分でプレBANされ、バトルに参加できなかったことを意味します。

 

■ファーストピック(FIRST PICK

ファーストピックのデータは、先に出場英雄を選ぶプレイヤーが最初に選択した英雄を、1試合あたりに1体集計したものです。例えば、ファーストピックの割合が30%である英雄は、全試合で先に出場英雄を選ぶプレイヤーが約30%の割合でその英雄を最初に選択したという意味です。

ファーストピックの右の「BAN」は、選択されてからBANになった割合です。クラスチェンジ英雄における集計データは、クラスチェンジ前の英雄とは個別に扱います。

 

■編成

編成は、ファーストピックを含め、一つの試合で特定英雄が選択された割合です。編成の割合が50%である英雄は、全試合のうち半分の試合で二人のプレイヤーのうち一人に出場英雄として選ばれたということです。

 

1.英雄の起用

1)プレBAN

 

 

「シーズン:勇姿」

「シーズン:不屈」

英雄

プレBAN

英雄

プレBAN

ルア

63.9%

ルア

62.2%

光の天使 アンジェリカ

47.4%

支配者 リリアス

40.9%

海軍大佐 ランディ

40.0%

光の天使 アンジェリカ

37.9%

支配者 リリアス

32.8%

アミド

32.6%

ジオ

29.5%

ヴェリアン

32.2%

ラストライダー クラウ

19.8%

ジオ

27.1%

ヴェリアン

18.5%

救済者 アーディン

13.1%

ae-KARINA

11.7%

ae-KARINA

12.1%

救済者 アーディン

10.0%

ポリティス

11.5%

灰森のイセリア

8.0%

ラン

10.0%

ラン

7.0%

幻影のテネブレア

9.4%

幻影のテネブレア

6.9%

灰森のイセリア

8.6%

獅子王 チェルミア

6.0%

自由騎士 アロウェル

8.2%

アミド

5.5%

不信者 リディカ

7.6%

ポリティス

4.7%

調整者 カーウェリック

6.7%

自由騎士 アロウェル

4.5%

砂漠の宝石 バサール

6.4%

海の香り ルルカ

4.2%

エドワード・エルリック

5.5%

調整者 カーウェリック

4.2%

ラストライダー クラウ

4.9%

エドワード・エルリック

3.5%

指揮型 ライカ

2.4%

ロエンナ

2.9%

黙示録のラヴィ

2.2%

 

「シーズン:勇姿」では、前シーズンと同様に「ルア」が最も多くプレBANされる中、25位の英雄ラインナップに変化がありました。

「シーズン:不屈」でプレBAN2位を記録していた「支配者 リリアス」が4位まで下がり、「ヴェリアン」もプレBANが減少したことで5位以下に下がる結果となりました。その中でも一番大きく順位が下がった「アミド」は、27%以上も減少しています。

ただし、「光の天使 アンジェリカ」と「ラストライダー クラウ」のプレBANは大きく増加しました。特に、前シーズンでも著しい活躍を見せ、今シーズンに入り更にプレBANが増加した「ラストライダー クラウ」の場合、主流戦略において安定性を重視した組み合わせを用いる傾向が強くなり、更に活躍しやすい環境になったことがプレBAN増加に繋がったと推測されます。


 

プレシーズン中のバランス調整で上方修正が行われた「ジャック・オー」と「ジオ」を活用した組み合わせがシーズン前期の主流戦略として台頭したことで、当時期に「ジャック・オー」のプレBANが一時的に増加しました。

その後、シーズン中期に登場した「海軍大佐 ランディ」の影響を受け、「ジャック・オー」を含み、バトルのテンポが早い組み合わせに起用される英雄たちのプレBANが全体的に減少しました。「ラン」と「アミド」の場合、シーズン前期には10%に及んでいたプレBANが、それぞれ6%3.3%まで減少しています。

そして、登場と同時に主流戦略の中心となった「海軍大佐 ランディ」と、「獅子王 チェルミア」のプレBANがシーズンの進行に連れ大きく増加しました。「海軍大佐 ランディ」のプレBANが増加したのは、強い影響力を発揮する「海軍大佐 ランディ」をBAN&PICKの前に予め排除した後、想定した戦略通り組み合わせを構成しようとする動きが多かったためと見られます。逆に「獅子王 チェルミア」のプレBANが増加したのは、「海軍大佐 ランディ」や「支配者 リリアス」を活用したい場合、危険要素となり得る可能性が高いため、プレBANの対象になったことが理由であると推測されます。

最後に、「支配者 リリアス」の場合は「海の香り ルルカ」のようなカウンター英雄が実装されたことで、シーズン後期になっていくほどプレBANの数値が減少する傾向が表れました。

 

2)ファーストピック


 

 

「シーズン:勇姿」

「シーズン:不屈」

英雄

PICK

BAN

勝率

英雄

PICK

BAN

勝率

支配者 リリアス

25.5%

14.9%

51.5%

支配者 リリアス

30.0%

15.9%

52.5%

海軍大佐 ランディ

17.8%

12.3%

52.3%

自由騎士 アロウェル

8.7%

12.4%

51.9%

ラストライダー クラウ

10.4%

8.2%

49.9%

調整者 カーウェリック

8.5%

11.3%

50.8%

自由騎士 アロウェル

8.9%

11.9%

53.2%

幻影のテネブレア

6.5%

12.8%

49.8%

ジオ

6.6%

22.2%

47.9%

アミド

5.9%

25.9%

49.5%

ルア

5.1%

23.9%

51.2%

ルア

5.0%

25.8%

51.2%

光の天使 アンジェリカ

4.3%

20.6%

50.2%

光の天使 アンジェリカ

4.8%

23.2%

49.5%

救済者 アーディン

4.1%

13.1%

51.2%

ジオ

4.4%

23.2%

47.8%

調整者 カーウェリック

4.0%

10.1%

51.0%

黙示録のラヴィ

4.4%

8.4%

52.4%

幻影のテネブレア

3.8%

14.1%

49.3%

救済者 アーディン

3.5%

12.3%

51.3%

黙示録のラヴィ

1.4%

9.3%

50.7%

ae-KARINA

2.0%

13.0%

52.7%

ラン

1.2%

25.7%

48.6%

ラストライダー クラウ

1.9%

11.3%

50.4%

ae-KARINA

1.0%

15.2%

53.4%

ラン

1.8%

26.6%

49.3%

アミド

0.9%

24.6%

50.3%

砂漠の宝石 バサール

1.5%

20.6%

47.5%

海の香り ルルカ

0.6%

19.1%

46.9%

デスティーナ

1.4%

15.0%

51.1%

ペイラ

0.5%

23.3%

48.3%

野心家 タイウィン

1.1%

11.4%

52.4%

ポリティス

0.4%

22.2%

50.2%

ポリティス

1.0%

19.0%

50.8%

砂漠の宝石 バサール

0.4%

19.6%

47.9%

指揮型 ライカ

0.9%

21.2%

49.1%

シダー

0.3%

23.3%

50.0%

不信者 リディカ

0.6%

26.6%

48.2%

デスティーナ

0.3%

16.0%

51.6%

紅焔のアーミン

0.6%

16.1%

52.3%

 

「支配者 リリアス」は、「シーズン:不屈」に引き続きファーストピック1位を維持しましたが、「海の香り ルルカ」の登場とバランス調整を通じて更に強くなった「獅子王 チェルミア」により、前シーズンと比べ勝率が少し減少しました。

シーズン中に新しく登場した「海軍大佐 ランディ」は、パッシブスキルの効果でバトルのテンポが早いクリティカル中心の組み合わせに有効な対抗策となったため、安定的なBANPICKの選択肢として愛され、最終的に2位にランクインしています。

同時に、「アミド」「黙示録のラヴィ」「幻影のテネブレア」で始まるBANPICKの構図は、前シーズンに比べて全体的に減少したことを確認できます。このような結果もまた、「海軍大佐 ランディ」が主流戦略の中心になったことで、当該英雄たちをファーストピックに選択する早いテンポの組み合わせにとってBANPICKが難しい環境になったためであると思われます。


 

 

シーズン前期、ファーストピック2位を維持していた「ラストライダー クラウ」の場合、シーズン中期以降は「海軍大佐 ランディ」とファーストピックを競争する形となり、数値が徐々に減少しました。しかし、ファーストピックの数値そのものは減少したのにも関わらず、「自由騎士 アロウェル」と共にナイトとして上位ラインナップにランクインしています。

「ジオ」の場合、シーズン前期は「ジャック・オー」とのシナジー効果でファーストピックとして採用されることが多かったものの、シーズンが進行するに連れ、ファーストピックとしての重要度は徐々に下がりました。また「救済者 アーディン」の場合も、「海軍大佐 ランディ」の登場後にはファーストピックとしての採用率が減少する傾向が表れています。

 

3)編成

 

「シーズン:勇姿」

「シーズン:不屈」

英雄

PICK

BAN

勝率

英雄

PICK

BAN

勝率

支配者 リリアス

48.3%

14.9%

51.5%

幻影のテネブレア

46.6%

12.8%

49.8%

ラストライダー クラウ

43.9%

8.2%

49.9%

支配者 リリアス

45.6%

15.9%

52.5%

調整者 カーウェリック

43.5%

10.1%

51.0%

黙示録のラヴィ

44.4%

8.4%

52.4%

自由騎士 アロウェル

42.3%

11.9%

53.2%

調整者 カーウェリック

41.9%

11.3%

50.8%

救済者 アーディン

40.2%

13.1%

51.2%

救済者 アーディン

39.5%

12.3%

51.3%

幻影のテネブレア

39.6%

14.1%

49.3%

自由騎士 アロウェル

36.9%

12.4%

51.9%

獅子王 チェルミア

37.5%

16.9%

51.0%

ae-KARINA

33.5%

13.0%

52.7%

黙示録のラヴィ

34.3%

9.3%

50.7%

ジオ

29.1%

23.2%

47.8%

海軍大佐 ランディ

32.1%

12.3%

52.3%

光の天使 アンジェリカ

27.6%

23.2%

49.5%

ジオ

28.9%

22.2%

47.9%

灰森のイセリア

24.1%

27.9%

48.8%

ae-KARINA

27.4%

15.2%

53.4%

ポリティス

24.0%

19.0%

50.8%

海の香り ルルカ

27.0%

19.1%

46.9%

エドワード・エルリック

23.8%

26.5%

49.6%

光の天使 アンジェリカ

25.0%

20.6%

50.2%

アミド

22.8%

25.9%

49.5%

灰森のイセリア

20.8%

28.9%

49.1%

ラン

20.2%

26.6%

49.3%

ラン

17.8%

25.7%

48.6%

デスティーナ

19.2%

15.0%

51.1%

ザハーク

16.5%

37.3%

49.1%

ラストライダー クラウ

19.2%

11.3%

50.4%

エドワード・エルリック

16.5%

30.3%

50.0%

ランディ

19.0%

18.6%

47.6%

ペイラ

15.9%

23.3%

48.3%

ザハーク

18.8%

31.8%

48.3%

レーテー

15.0%

23.9%

47.1%

ヴェリアン

18.3%

22.1%

54.0%

ルア

13.7%

23.9%

51.2%

砂漠の宝石 バサール

17.3%

20.6%

47.5%

 

「シーズン:制覇」では2位、「シーズン:不屈」では1位にランクインするなど、常に高い編成率を維持していた「幻影のテネブレア」の順位が、今シーズンでは6位まで下がりました。

上記の結果は、強い影響力を発揮する「海軍大佐 ランディ」に対応すべく「ラストライダー クラウ」「獅子王 チェルミア」のような強力な全体攻撃を使う英雄が採用され始め、「幻影のテネブレア」の生存が難しくなったことが主な原因であると推測されます。

「ラストライダー クラウ」は、全体攻撃を受けた時、有利な効果を獲得するパッシブスキルを持っているため「海軍大佐 ランディ」に上手く対応できる英雄ですが、一緒に活用する場合でも「海軍大佐 ランディ」を守れる汎用性の高いナイトである故に、編成率2位にランクインしました。なお、「獅子王 チェルミア」もまた、シーズン中期に行われたバランス調整より「海軍大佐 ランディ」「支配者 リリアス」を効率よく活用できることに注目され、前シーズンに比べ20%ほど編成率が上昇しました。

他にも、シーズン中に新しく登場した「海の香り ルルカ」と「レーテー」も20位以内にランクインし、主流戦略の一つとして活用されていることが分かります。

 


 

シーズン前期までは最も高かった「幻影のテネブレア」の編成率は、シーズン中期を起点として減少していることが確認されます。

一方、「獅子王 チェルミア」の編成率はシーズン前期に比べ30%以上も上昇し、シーズン後期には3位となりました。また「ラストライダークラウ」に多少劣っていた「自由騎士 アロウェル」も45%の編成率を記録し、過去の栄光を取り戻したと言えます。

以上のことをまとめると、「海軍大佐 ランディ」が登場したシーズン中期から主流戦略に変化が発生したと思われます。シーズン前期には上位にランクインしていた「ポリティス」や「ルア」、「ヴェリアン」などの英雄が20位以下に下がり、ナイトと「調整者 カーウェリック」「光の天使 アンジェリカ」「残影のヴィオレタ」のような、安定性を重視した組み合わせでよく活用される英雄たちの編成率が上昇しました。

シーズン全体を振り返ると、耐久重視の組み合わせが猛威を振るったように見えますが、スピードを強みとする英雄の中でも「ラン」や「ペイラ」など、以前と変わらない編成率を維持した英雄も確認されます。

2.シーズンの結果について

 

英雄の利用状況に続いて、「シーズン:勇姿」の結果についてもご案内いたします。

 

今回のシーズンは、前シーズンと比べレジェンド・エンペラーリーグを達成した韓国サーバーの継承者様が著しく増加しました。

 

他にも、レジェンド・エンペラーリーグでの平均勝率は、前シーズンとほとんど変わらない数値を記録しました。
 
ただし、従来に比べシーズン終了前の競争が非常に激しかったため、両リーグの最低ラインが上昇しました。

 

1)レジェンド

サーバー

「シーズン:勇姿」

「シーズン:不屈」

比較

平均勝率

プレイヤー数

平均勝率

プレイヤー数

平均勝率

プレイヤー数

グローバル

60.3%

42

60.5%

50

-0.2%

-8

アジア

61.7%

29

60.9%

28

0.8%

1

ヨーロッパ

60.3%

3

59.6%

4

0.7%

-1

日本

61.4%

3

61.0%

5

0.4%

-2

韓国

59.0%

26

60.0%

15

-1.0%

11

全体

60.4%

103

60.5%

102

-0.1%

1

 

最低ライン

「シーズン:勇姿」

「シーズン:不屈」

比較

3775

3740

35

平均プレイ回数

1349

1470

-121

平均勝率

60.4%

60.5%

-0.14%

2)エンペラー

サーバー

「シーズン:勇姿」

「シーズン:不屈」

比較

平均勝率

プレイヤー数

平均勝率

プレイヤー数

平均勝率

プレイヤー数

グローバル

53.3%

328

53.7%

354

-0.4%

-26

アジア

53.1%

246

52.5%

268

0.6%

-22

ヨーロッパ

52.8%

43

53.5%

47

-0.7%

-4

日本

53.7%

63

53.0%

56

0.6%

7

韓国

52.6%

244

52.7%

189

-0.1%

55

全体

53.1%

924

53.1%

914

0.0%

10

 

最低ライン

「シーズン:勇姿」

「シーズン:不屈」

比較

3537

3465

72

平均プレイ回数

1083

1075

7

平均勝率

53.1%

53.1%

0.0%

 

3)リーグ別データ

レジェンドリーグの平均プレイ回数が、従来のシーズンに比べて減少しました。

このような結果は、シーズン中に「E7WC2023選抜戦」が行われたため、最上位プレイヤーの皆様がランク戦と「E7WC2023選抜戦」を並行したことがプレイ回数の減少に繋がったと思われます。チャンピオンリーグ以上を基準に、BAN&PICKの順番による勝率の平均は、それぞれ先攻側が50.7%、後攻側が49.3%の集計されました。

 

リーグ

「シーズン:勇姿」

「シーズン:不屈」

比較

平均プレイ回数

平均勝率

平均プレイ回数

平均勝率

平均プレイ回数

平均勝率

ブロンズ

4.9

6.0%

5.1

6.2%

-0.2

-0.2%

シルバー

16.5

49.8%

16.6

50.3%

-0.1

-0.5%

ゴールド

50.3

52.7%

53.6

53.2%

-3.3

-0.5%

マスター

50.8

60.7%

51.8

60.6%

-1.0

0.0%

チャレンジャー

145.9

55.1%

160.3

54.4%

-14.5

0.7%

チャンピオン

322.9

54.6%

320.8

54.7%

2.1

-0.1%

エンペラー

1082.8

53.1%

1075.4

53.1%

7.4

0.0%

レジェンド

1349.1

60.4%

1469.7

60.5%

-120.6

-0.1%

 

3.「シーズン:勇姿」の総合評価

「シーズン:不屈」を貫くキーワードは「バトルのテンポが早い英雄に、柔軟な対応をするBAN&PICK戦略」でしたが、「シーズン:勇姿」では安定性の高いBAN&PICKを中心に、いかに相手の主力英雄をけん制できるかが勝利の鍵となりました。

しかし、自分が意図した組み合わせを構成すると同時に、相手のBAN&PICKに対応するためには様々な英雄を揃える必要があったため、活用できる英雄の数によって継承者の皆様が感じた今シーズンの難易度は、それぞれ違ったと思われます。

上記を踏まえ、継承者様が育成した英雄がそれぞれの役割を遂行し活躍できるようモニタリングを続け、主流戦略が変化しても自分だけの戦略を作り出せる環境を構築すべく、様々な方向への改善を試しております。

例えば、周期的に行う「バランス調整」や「専用装備の追加」、「戦闘の熱狂効果の改善」などがあります。そして、今年の年末までに英雄の潜在能力を解放させるコンテンツをご提供できるように、準備を続けております。従来に多くの継承者様に愛されましたが、現在は活躍できずにいる英雄に再活躍のチャンスを与えるつもりです。また、9月に公開しました「戦績検索サービス(ベータ版)」も同様の目的で始めたものであり、主流戦略の変化や様々なBAN&PICK戦略を一目で把握し、自分だけのワールドアリーナのコツを掴むことに少しでも役立てることを願います。

最後に、自分のBAN&PICK戦略が簡単に気づかれないよう、マッチング時に相手の情報を一部制限する、ブラインド機能を導入しました。なお、同じ相手と連続してマッチングが行われる頻度を下げるなど、アビューズ行為を防ぐためのシステム改修も準備を続けてまいります。

 

継承者の皆様に快適なプレイ環境で「エピックセブン」を楽しんでいただけるよう、これからも尽力してまいります。

今後とも「エピックセブン」をよろしくお願いいたします。




コメント 0
通知が解除されました。

開発者ノートの投稿

リスト
작성 시간 2023.11.06
image
+1

潜在力覚醒の実装につきまして (11/9追記)

2023.11.06
2023.11.06 13:13
작성 시간 2023.11.03
image
+1

潜在力覚醒の実装および今後のバランス調整について(11/9追記)

2023.11.03
2023.11.03 09:00
작성 시간 2023.10.13
image
+7

ワールドアリーナ「シーズン:勇姿」シーズンレポート

2023.10.13
2023.10.13 09:00
작성 시간 2023.09.15
image
+1

バランス調整(9/27予定)

2023.09.15
2023.09.15 09:00
작성 시간 2023.07.21
image
+1

バランス調整(8/3予定) [2]

2023.07.21
2023.07.21 09:00