バランス調整(9/27予定)
エピックセブン
  • 公式コミュニティ
  • MOBILE
  • Turn-based RPG
  • Smilegate Holdings

커뮤니티 게시판 글상세

開発者ノート

글상세

開発者ノート

バランス調整(9/27予定)


いつも「エピックセブン」をプレイしていただき、誠にありがとうございます。


継承者様との冒険で更なる活躍が期待できるように、一部英雄(8種)の「能力上方修正」が決まりましたため、お知らせ申し上げます。


詳細については、下記の記載をご参照ください。


※本バランス調整は、2023/9/27(水)のメンテナンス後に適用されます。


1.バランス調整対象


今回の調整では、これまで活用度が低かった英雄のスキルバランスに対する上方修正を行います。

2023/9/27(水)にバランス調整を予定している英雄と古代遺物は、次のとおりです。


英雄

レアリティ

名前

★5月影

覇者 ケン

★5月影

歪みし亡霊 カイロン

★5聖約

リフ

★5聖約

エリコス

★4月影

月うさぎ ドミニエル

★4月影

三日月の舞姫 リン

★4月影

狂炎のカワズ

★3月影

黒騎士 ピィリス


※バランス調整に記載されたスキルの効果発生率とスキルターンはスキルレベル最大時のものになります。

※スキルターンに関する記載のないスキルについては、スキルターンの変更はありません。

※バランス調整に記載された内容は、実際の更新時に変更する可能性があります。



1-1.英雄のバランス調整


1-1-1.★5月影英雄


覇者 ケン

天極拳(調整前)

天極拳(調整後)

敵単体に攻撃し、75%の確率で攻撃力DOWNを1ターンの間付与する。

敵単体に攻撃し、100%の確率で挑発を1ターンの間付与する。

 

魂力解放(魂力10):ダメージがUPし、攻撃命中時、クリティカルが発生する。

スキル強化:

+1 天極拳、龍炎覚のダメージ5%UP
+2
天極拳、龍炎覚のダメージ5%UP
+3
効果発生率10%UP
+4
天極拳、龍炎覚のダメージ10%UP
+5
効果発生率15%UP

+6 天極拳、龍炎覚のダメージ15%UP

スキル強化:

+1 ダメージ5%UP

+2 ダメージ5%UP
+3 効果発生率10%UP
+4 ダメージ10%UP
+5 効果発生率15%UP

+6 ダメージ15%UP

龍炎覚(調整前)

龍炎覚(調整後)

効果抵抗率が30%UPする。

攻撃を受けた時、30%の確率で反撃する。クリティカル攻撃を受けた時、【龍炎覚】で反撃する。

龍炎覚(魂力1獲得):敵単体を攻撃する。攻撃命中時、クリティカルが発生し、自身の現在生命力が低いほどダメージがUPする。【修羅降臨】がスキルターン上使用可能な状態の時、自身のアクションゲージを25%UPさせる。

この攻撃は、基本スキルの関連効果の影響を受ける。

バトル開始時、自身に覇気を3ターンの間付与する。

自身以外の味方がクリティカル攻撃を受けた時、反撃し、自身がクリティカル攻撃を受けた時、【龍炎覚】で反撃する。

龍炎覚(魂力1獲得):敵単体を攻撃し、対象の防御力を40%貫通する。攻撃命中時、クリティカルが発生し、自身の現在生命力が低いほどダメージがUPする。

 

【龍炎覚】のダメージDOWN

修羅降臨(調整前)

修羅降臨(調整後)

敵全体に攻撃し、80%の確率で防御力DOWNを2ターンの間付与する。攻撃命中時、クリティカルが発生する。

敵全体に攻撃し、80%の確率で防御力DOWNを2ターンの間付与する。攻撃命中時、クリティカルが発生する。

魂力解放(魂力10):ダメージがUPする。

ダメージUP

修羅降臨【覚醒済】(調整前)

修羅降臨【覚醒済】(調整後)

敵全体に攻撃し、80%の確率で防御力DOWNを2ターンの間付与し、自身に攻撃力UPを2ターンの間付与する。攻撃命中時、クリティカルが発生する。

敵全体に攻撃し、80%の確率で防御力DOWNを2ターンの間付与し、自身に攻撃力UPを2ターンの間付与する。攻撃命中時、クリティカルが発生する。

魂力解放(魂力10):ダメージがUPする。

ダメージUP


【覇者 ケン】は、クリティカル攻撃を行う敵に対し、さらに強力な抑止力となるように上方修正を行います。

まず、スキル2【龍炎覚】の「攻撃を受けた時」一定の確率で反撃する効果を「自身以外の味方がクリティカル攻撃を受けた時」確定的に反撃する効果に変更します。

これにより、敵が自身以外の味方を攻撃してクリティカルが発生した場合でも、確率に左右されず影響力を発揮できるようになります。また、反撃時に発動するスキル1【天極拳】の弱体効果である「攻撃力DOWN」を「挑発」に変更します。これより自身に攻撃を誘導して【龍炎覚】を発動させることで、敵を制圧しやすくなります。

さらに「効果抵抗率がUPする」効果を「バトル開始時、自身に覇気を3ターンの間付与する」効果に変更し、バトル序盤・中盤において活躍できるように改善します。

最後に、スキル3【修羅降臨】の基本ダメージをUPさせる代わりに魂力解放効果を削除し、【天極拳】に新しい魂力解放効果を追加します。調整後の魂力解放効果は【天極拳】のダメージをUPさせ、命中時にはクリティカルを発生させるため、活用次第で自身のターンでも敵に大ダメージを与えられるようになります。


歪みし亡霊 カイロン

亡霊の徘徊(調整前)

亡霊の徘徊(調整後)

バトル開始時・ターン終了時、反撃を1ターンの間付与する。

敵のターン終了時、対象が強化状態の場合、【闘志】を10獲得する。【闘志】が最大の場合、【闘志】をすべて消費して自身のアクションゲージを50%UPさせ、狂気を2ターンの間付与する。

バトル開始時・ターン終了時、反撃を1ターンの間付与する。

敵のターン終了時、【闘志】を10獲得し、【闘志】が最大の場合、自身のアクションゲージを50%UPさせる。アクションゲージUP3ターンに1回まで発生する。

鎮魂の剣(調整前)

鎮魂の剣(調整後)

敵全体を攻撃し、攻撃命中時、追加で2000の固定ダメージを与える。

このスキルがスキルターン上使用可能な状態の場合、クリティカル攻撃を受けた時、受けるダメージが30%DOWNする。ダメージDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。

敵全体を攻撃した後、【闘志】をすべて消費する。攻撃命中時、追加で1000の固定ダメージを与え、消費した【闘志】に応じて固定ダメージがUPする。

このスキルがスキルターン上使用可能な状態の場合、クリティカル攻撃を受けた時、受けるダメージが30%DOWNする。ダメージDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。

 

ダメージUP

鎮魂の剣【覚醒済】(調整前)

鎮魂の剣【覚醒済】(調整後)

敵全体を攻撃し、攻撃命中時、追加で2000の固定ダメージを与える。自身が狂気状態の場合、固定ダメージが10000にUPする。

このスキルがスキルターン上使用可能な状態の場合、クリティカル攻撃を受けた時、受けるダメージが30%DOWNする。ダメージDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。

敵全体を攻撃した後、【闘志】をすべて消費する。攻撃命中時、追加で2000の固定ダメージを与え、消費した【闘志】に応じて固定ダメージがUPする。

このスキルがスキルターン上使用可能な状態の場合、クリティカル攻撃を受けた時、受けるダメージが30%DOWNする。ダメージDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。

 

ダメージUP


【歪みし亡霊 カイロン】の場合、【闘志】の獲得および消費構造を中心に上方修正を行います。

まず、スキル2【亡霊の徘徊】の【闘志】獲得条件を緩和します。敵のターン終了時、対象が強化状態でなくとも【闘志】を獲得するように改善し、従来より【闘志】を獲得しやすくする予定です。

また、【闘志】を消費する効果を【亡霊の徘徊】から削除し、スキル3【鎮魂の剣】に追加します。これからは【闘志】が最大の場合でも「狂気」は付与されません。また、アクションゲージUP効果は3ターンに1回まで発生するように調整します。

そして【鎮魂の剣】は「狂気」の有無に関係なく消費した【闘志】に応じて与える固定ダメージがUPするように変更します。最大で与えられる固定ダメージは調整前と同様ですが、【闘志】が最大でない場合でも、任意のタイミングで消費した【闘志】に応じて強化された固定ダメージを与えられるため、さらに機転の効いた活用ができると予想します。なお、削除した「狂気」効果の補完として、【鎮魂の剣】の基本ダメージ量を少し増加させる予定です。


1-1-2.★5聖約英雄


リフ

灼熱(調整前)

灼熱(調整後)

敵単体を攻撃し、火傷を1ターンの間付与する。

自身のターンに使用した場合、50%の確率で【灼熱】の代わりに【焼却】を発動する。

焼却:敵単体を攻撃し、火傷を1ターンの間付与した後、ターン終了時、対象の火傷を激爆させる。このスキルでは連携攻撃が発生しない。

敵単体を攻撃し、火傷を1ターンの間付与する。

自身のターンに使用した場合、【灼熱】の代わりに【焼却】を発動する。

焼却:敵単体を攻撃し、火傷を1ターンの間付与した後、ターン終了時、対象の火傷を激爆させる。このスキルでは連携攻撃が発生しない。

魂力解放(魂力10):100%の確率で【焼却】を発動する。

 

光の饗宴(調整前)

光の饗宴(調整後)

敵全体の強化効果を2つ解除し、強化不可を2ターンの間付与した後、自身のアクションゲージを50%UPさせる。

敵全体の強化効果を2つ解除し、強化不可を2ターンの間付与した後、自身のアクションゲージを50%UPさせる。

 

魂力解放(魂力10):スキルターンが2減少する。

光の饗宴【覚醒済】(調整前)

光の饗宴【覚醒済】(調整後)

敵全体の強化効果を2つ解除し、強化不可を2ターンの間付与した後、自身のアクションゲージを50%UPさせる。自身以外の味方全体のアクションゲージを20%UPさせる。

敵全体の強化効果を2つ解除し、強化不可を2ターンの間付与した後、自身のアクションゲージを50%UPさせる。自身以外の味方全体のアクションゲージを20%UPさせる。

 

魂力解放(魂力10):スキルターンが2減少する。


【リフ】は、敵が受ける「火傷」のダメージをUPさせるだけでなく、自身でも「火傷」を付与し「撃爆」させることで大ダメージを与えられる英雄ですが、最重要スキルである【焼却】の発動が確率に左右される側面があったため、不確定要素が多く、英雄の活用が難しいという問題がありました。

上記のことを改善すべく、自身のターンにスキル1【灼熱】を使用したのであれば、確率に影響されることなく常に【焼却】が発動するようにスキルの効果を変更します。

この変更に伴い、【焼却】の発動確率を上げていた【灼熱】の魂力解放効果を削除し、スキル3【光の饗宴】に「スキルターンを2減少させる」効果を追加する予定です。調整後の魂力解放効果を活用すると、従来より早く敵の強化効果をけん制できると予想します。


エリコス

駆逐(調整前)

駆逐(調整後)

自身以外の味方が敵を気絶させた時、自身に攻撃力UPを2ターンの間付与した後、攻撃力が最も高い敵単体に【時限爆弾】を発動する。この効果は2ターンに1回まで発生する。

時限爆弾:敵単体を攻撃し、自身に見切りを2ターンの間付与する。自身のスピードが対象のスピードより高いほどダメージがUPし、最大200%までUPする。

自身以外の味方が敵を気絶させた時、自身に攻撃力UPを2ターンの間付与した後、攻撃力が最も高い敵単体に【時限爆弾】を発動する。この効果は2ターンに1回まで発生する。

時限爆弾:敵単体を攻撃し、自身に見切りを2ターンの間付与する。自身のスピードが対象のスピードより高いほどダメージがUPし、最大200%までUPする。

 

ダメージUP

闇討ち(調整前)

闇討ち(調整後)

敵単体を攻撃し、強化効果を2つ解除した後、防御力DOWNを2ターンの間付与し、アクションゲージを50%DOWNさせる。

自身に命中率UP2ターンの間付与した後、敵単体を攻撃し、強化効果を2つ解除した後、防御力DOWNを2ターンの間付与し、アクションゲージを50%DOWNさせる。

闇討ち【覚醒済】(調整前)

闇討ち【覚醒済】(調整後)

敵単体を攻撃し、強化効果を2つ解除した後、標的・防御力DOWNを2ターンの間付与し、アクションゲージを50%DOWNさせる。

自身に命中率UP2ターンの間付与した後、敵単体を攻撃し、強化効果を2つ解除した後、標的・防御力DOWNを2ターンの間付与し、アクションゲージを50%DOWNさせる。

 

命中率UP:命中率が50%UPする。


【エリコス】の場合、強化効果「命中率UP」を通じて安定した攻撃ができるように上方修正を行います。

今回の調整で、スキル3【闇討ち】に「自身に命中率UPを付与する」効果を追加し、不利属性や回避率が高い敵にも攻撃を命中させ、さらに高い確率で様々な弱体効果を付与できるようになります。

また、【闇討ち】で自身に付与した「命中率UP」効果がスキル2【駆逐】の発動時に残っている場合、【時限爆弾】にも同様に「命中率UP」が適用されるため、より安定的にダメージを与えられるようになるでしょう。なお、さらに敵を制圧しやすくなるよう、【時限爆弾】の基本ダメージ量を少し増加させる予定です。


1-1-3★4月影英雄


月うさぎ ドミニエル

月光の波動(調整前)

月光の波動(調整後)

敵単体に攻撃し、60%の確率で睡眠を1ターンの間付与する。このスキルでは連携攻撃が発生しない。

敵単体に攻撃し、75%の確率で睡眠を1ターンの間付与する。このスキルでは連携攻撃が発生しない。

流れの制御(調整前)

流れの制御(調整後)

効果抵抗率が20%UPする。

敵の追加ターン開始時、味方全体に免疫シールドを2ターンの間付与する。自身の最大生命力が高いほどシールド効果がUPする。免疫・シールド効果は2ターンに1回まで発生し、敵が英雄の場合にのみ適用される。

効果抵抗率が30%UPする。

敵の追加ターン開始時、味方全体の弱体効果をすべて解除し、スキルダメージ無効を1回・免疫を2ターンの間付与する。2ターンに1回まで発生し、敵が英雄の場合にのみ適用される。

スキル強化:

+1 シールド効果5UP

+2 シールド効果5%UP
+3
シールド効果5%UP
+4
シールド効果10%UP
+5
シールド効果10%UP

+6 シールド効果10%UP

スキル強化:

+1 効果抵抗率1%UP

+2 効果抵抗率1%UP
+3 効果抵抗率1%UP
+4 効果抵抗率2%UP
+5 効果抵抗率2%UP

+6 効果抵抗率3%UP

先見の明【覚醒済】(調整前)

先見の明【覚醒済】(調整後)

味方全体に攻撃力UPを2ターンの間付与し、アクションゲージを20%UPさせる。更に自身にスキルダメージ無効を1回付与する。

味方全体に攻撃力UP・シールドを2ターンの間付与し、アクションゲージを20%UPさせる。自身の最大生命力が高いほどシールド効果がUPする。


【月うさぎ ドミニエル】の場合、追加ターンを活用する敵から、より確実に味方を保護できるように上方修正を行います。

まず、スキル2【流れの制御】は、「敵の追加ターン開始時、味方全体の弱体効果をすべて解除する」効果に変更します。これより、続けて付与する強化効果が確実に反映されるようになります。また、「シールド」の代わりに「スキルダメージ無効」を付与するように変更し、追加ターンに行われる相手の攻撃を確実に防げるように上方修正します。

さらに、スキル1【月光の波動】で付与する「睡眠」の確率を増加させ、脅威的な相手をけん制しやすくします。また、スキル3【先見の明】の「自身にスキルダメージ無効を付与する」効果を「味方全体にシールドを付与する」効果に変更することで、味方全体の生存により貢献できる英雄になると期待します。


三日月の舞姫 リン

歓声(調整前)

歓声(調整後)

敵単体に攻撃し、自身にランダム強化効果を1ターンの間付与する。

敵単体に攻撃し、40%の確率でスタンを1ターンの間付与する。

魂力解放(魂力20):味方全体にランダム強化効果を2ターンの間付与する。

魂力解放(魂力10):効果発生率が100%になる。

熱い視線(調整前)

熱い視線(調整後)

敵単体に攻撃し、スタンを1ターンの間付与し、強化効果を2つ奪い、味方全体に付与する。対象が強化状態でない場合、このスキルのスキルターンが1減少する。

敵単体に攻撃し、強化効果を2つ奪い、味方全体に付与した後、敵対象にスタンを1ターンの間付与する。対象が強化状態でない場合、このスキルのスキルターンが1減少する。

閉幕(調整前)

閉幕(調整後)

敵単体に攻撃し、対象の強化効果をすべて解除する。味方全体に免疫を2ターンの間付与する。

敵単体に攻撃し、対象の強化効果をすべて解除する。味方全体にクリティカルダメージUP2ターンの間付与する。

閉幕【覚醒済】(調整前)

閉幕【覚醒済】(調整後)

敵単体に攻撃し、対象の強化効果をすべて解除する。味方全体に免疫を2ターンの間付与する。このスキルで強化効果を解除した時、自身に追加ターンが発生する。

敵単体に攻撃し、対象の強化効果をすべて解除する。味方全体にクリティカルダメージUP2ターンの間付与する。クリティカル発生時、自身に追加ターンを発生させる。


【三日月の舞姫 リン】の場合、スキル全般の使用性における上方修正を行います。

まず、スキル3【閉幕】は「免疫」ではなく「クリティカルダメージUP」を付与するように変更し、味方全体の攻撃能力を強化できるようになります。さらに、不確定要素が多かったため活用が難しかった追加ターンの発生条件を、より確実な条件である「クリティカル発生時」へ変更します。

また、スキル2【熱い視線】は、優先的に強化効果を奪った後、「スタン」を付与するようにスキルの仕様を調整し、活用度を上げます。なお、スキル1【歓声】の「ランダム強化効果」は敵を継続的にけん制できる「スタン」に変更します。上記に併せて【歓声】の魂力解放効果も「効果発生率をUPする」効果に変更します。


狂炎のカワズ

マリクスの力(調整前)

マリクスの力(調整後)

全体攻撃を受けた後、自身の弱体効果をすべて解除し、【湧き上がる怒り】を発動する。この効果は2ターンに1回まで発動する。

湧き上がる怒り : 自身に覇気を2ターンの間付与し、生命力を回復し、アクションゲージを20%UPさせる。自身の攻撃力が高いほど回復量がUPする。

全体攻撃を受けた後、自身の弱体効果をすべて解除し、【湧き上がる怒り】を発動する。この効果は2ターンに1回まで発動する。

湧き上がる怒り : 自身に覇気を2ターンの間付与し、生命力を回復し、アクションゲージを25%UPさせる。自身の攻撃力が高いほど回復量がUPする。

撃滅の炎(調整前)

撃滅の炎(調整後)

敵単体に攻撃し、それぞれ100%の確率で2つの火傷を2ターンの間付与し、ターン終了時に火傷を激爆させる。自身が覇気状態の場合、効果抵抗を無視する。

敵単体に攻撃し、それぞれ100%の確率で2つの火傷を2ターンの間付与し、ターン終了時に火傷を激爆させる。自身が覇気状態の場合、効果抵抗を無視する。

 

激爆のダメージUP

撃滅の炎【覚醒済】(調整前)

撃滅の炎【覚醒済】(調整後)

敵単体に攻撃し、強化効果をすべて解除した後、それぞれ100%の確率で2つの火傷を2ターンの間付与し、ターン終了時に火傷を激爆させる。自身が覇気状態の場合、効果抵抗を無視する。

敵単体に攻撃し、強化効果をすべて解除した後、それぞれ100%の確率で2つの火傷を2ターンの間付与し、ターン終了時に火傷を激爆させる。自身が覇気状態の場合、効果抵抗を無視する。

 

激爆のダメージUP


【狂炎のカワズ】の場合、全体攻撃を行う敵に対して更に著しい活躍を見せられるように上方修正を行います。

全体攻撃を受けた後、スキル2【湧き上がる怒り】で増加するアクションゲージの量を増加させ、従来よりも容易くターンを獲得できるように改善します。また、スキル3【撃滅の炎】による「激爆」のダメージを増加させる分、「火傷」の「激爆」に成功したのであれば、より敵を簡単に制圧できるでしょう。


1-1-4 ★3月影英雄


黒騎士 ピィリス

壮健のルーン(調整前)

壮健のルーン(調整後)

ターン開始時、生命力を3%回復する。

ターン開始時、生命力を5%回復する。

結束のルーン(調整前)

結束のルーン(調整後)

自身以外の味方が追加攻撃・反撃・連携攻撃を受けた時、100%の確率で受けるダメージが30%DOWNする。ダメージDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。

味方が追加攻撃・反撃・連携攻撃を受けた時、100%の確率で受けるダメージが30%DOWNする。ダメージDOWN効果が重複した場合、一番高い効果のみ適用される。


【黒騎士 ピィリス】の場合、バトル時の持続力を上げるための上方修正を行います。

「壮健のルーン」による生命力の回復量を少し増加させ、「結束のルーン」による「追加攻撃・反撃・連携攻撃を受けた時、受けるダメージがDOWNする」効果を、味方だけでなく自身も受けられるように変更します。今回の調整により【黒騎士 ピィリス】は、従来よりバトルで長く生存できると予想します。


9/27(水)に実施予定の定期バランス整の内容は以上となります。


いつもエピックセブンをご愛顧いただいている継承者の皆様へ、心より感謝いたします。これからも継承者の皆様からの様々なご意見に耳を傾け、よりゲームを楽しんでいただけるよう尽力してまいります。


今後とも「エピックセブン」をよろしくお願いいたします。



コメント 0
通知を解除しました。

開発者ノートの投稿/コメント

リスト
작성 시간 2023.11.03
image
+1

潜在力覚醒の実装および今後のバランス調整について(11/9追記)

2023.11.03
2023.11.03 09:00
작성 시간 2023.10.13
image
+7

ワールドアリーナ「シーズン:勇姿」シーズンレポート

2023.10.13
2023.10.13 09:00
작성 시간 2023.09.15
image
+1

バランス調整(9/27予定)

2023.09.15
2023.09.15 09:00
작성 시간 2023.07.21
image
+1

バランス調整(8/3予定) [2]

2023.07.21
2023.07.21 09:00
작성 시간 2023.06.21
image
+7

ワールドアリーナ「シーズン:不屈」シーズンレポート

2023.06.21
2023.06.21 10:30