エピックセブン

OFFICIALMOBILE턴제 RPG스마일게이트 메가포트

開発者ノート

バランス調整(8/4予定) [5]



いつも『エピックセブン』をプレイしていただき、誠にありがとうございます。 


継承者様との冒険で更なる活躍が期待できるように、一部英雄(9種・クラスチェンジ1種含む)と古代遺物(2種)の「能力上方修正」が決まりました。

詳細については、下記の記載をご参照ください。 ※本バランス調整は、2022/8/4(木)のメンテナンス後に適用されます。




 1. バランス調整
対象


今回の調整では、これまで活用度の低かった英雄のスキルバランスと、古代遺物に対する改善が行われます。8月4日に上方調整を実施する予定の英雄と古代遺物は、次のとおりです。


英雄

レアリティ名前
★5月影不信者 リディカ
★5聖約バカンスのユピネ
★5聖約エルバレン
★5聖約シェナ
★4月影大族長 カワナ
★3月影リコリス
★3月影先遣部隊長 リコリス
★3月影ユーリ
★3月影アロウェル


 古代遺物

レアリティ名前
★5アレンシノクスの逆鱗
★5両刃剣デクレッシェンド


※バランス調整に記載されたスキルの効果発生率とスキルターンはスキルレベル最大時のものになります。

※スキルターンに関する記載のないスキルについては、スキルターンの変更はありません。

※バランス調整に記載された内容は、実際の更新時に変更する可能性があります。

 

1-1. 英雄のバランス調整

 

1-1-1. ★5月影英雄

 

不信者 リディカ

飛燕草(調整前)

飛燕草(調整後)

 

ダメージUP

飛燕草【覚醒済】(調整前)

飛燕草【覚醒済】(調整後)

敵全体に攻撃し、100%の確率で強化効果を1つ解除し、自身のアクションゲージを対象の数x25%UPさせる。更に自身以外の味方全体のアクションゲージを対象の数x5%UPさせる。

この攻撃は反撃されない。

敵全体に攻撃し、100%の確率で強化効果を1つ解除する。更にクリティカルが発生した場合、強化効果を1つ多く解除する。

自身のアクションゲージを対象の数x25%UPさせる。

この攻撃は反撃されない。

 

ダメージUP

ヒステリア(調整前)

ヒステリア(調整後)

敵単体に攻撃し、スキルターンを最大まで増加させる。クリティカル発生時、味方全体にスキルダメージ無効を1回付与する。

敵単体に攻撃し、スキルターンを最大まで増加させる。更に味方全体のアクションゲージを25UPさせる。クリティカル発生時、味方全体にスキルダメージ無効を1回付与する。

 

不信者 リディカはスキル「飛燕草」で敵の強化効果を解除した後、すばやく「ヒステリア」を使うことでバトル序盤から主導権を握る役割として活躍していました。しかし、初攻撃が上手くいかなかった場合はすぐ無力化してしまうという弱点がありました。今回の調整では、「飛燕草【覚醒済み】」の効果だった味方のアクションゲージUP効果を「ヒステリア」の効果に変更し、アクションゲージの上昇量も25%固定にすることで小幅に上方調整します。その代わり、「飛燕草【覚醒済み】」にクリティカル発生時に敵の強化効果を1つ多く解除する効果を追加し、ダメージも上方調整します。

今回の調整で、バトルの状況次第で「飛燕草」と「ヒステリア」とちらを使用するか選択の幅が広がり、より活躍できることを期待しております。

 

1-1-2. ★5聖約英雄


バカンスのユピネ

ひとくち、あ~ん♡(調整前)

ひとくち、あ~ん♡(調整後)

 

ダメージUP

一緒に食べる?(調整前)

一緒に食べる?(調整後)

味方全体が受けるアクションゲージのDOWN効果が50%DOWNする。同名のパッシブスキルの効果と重複しない。

回避率が20%UPし、自身の生命力が最大の場合、更に回避率が50%UPする。

味方全体が受けるアクションゲージのDOWN効果が50%DOWNする。同名のパッシブスキルの効果と重複しない。

回避率が35%UPし、自身の生命力が最大の場合、更に回避率が35%UPする。

ユピネ☆スペシャル(調整前)

ユピネ☆スペシャル(調整後)

味方全体の弱体効果を2つ解除し、敵全体に攻撃し、自身に攻撃力UP()2ターンの間付与する。

味方全体の弱体効果を2つ解除し、敵全体に攻撃する。更に味方全体に攻撃力UP2ターンの間付与する。

ユピネ☆スペシャル【覚醒済】(調整前)

ユピネ☆スペシャル【覚醒済】(調整後)

味方全体の弱体効果を2つ解除し、敵全体に攻撃し、自身に攻撃力UP()2ターンの間付与する。更に味方全体のアクションゲージを20%UPさせる。

味方全体の弱体効果を2つ解除し、敵全体に攻撃する。更に味方全体に攻撃力UP2ターンの間付与し、味方全体のアクションゲージを20%UPさせる。

 

バカンスのユピネはバトル序盤に敵の攻撃を受け止め、「ユピネ☆スペシャル」で味方の弱体効果を解除した後アクションゲージをUPさせる英雄ですが、バトル中盤以降はなかなか活躍できなくなっていました。この点を補完し、バトル終盤まで活躍できるようにスキルを調整いたします。

今回の調整で、「ユピネ☆スペシャル」は自身だけではなく味方全体に攻撃力をUPさせるようになります。強化対象が増えた分、攻撃力UP(大)ではなく攻撃力UPに変更されます。また「ひとくち、あ~ん♡」のダメージを小幅に上方調整します。

パッシブスキル「一緒に食べる?」の回避効果は、最大値に変わりはありませんが、生命力が最大ではない場合の上昇率を20%から35%に変更します。

今後、バカンスのユピネが味方の攻撃をサポートし、バトル全般にわたって活躍できることを期待しております。

 

エルバレン

復仇(調整前)

復仇(調整後)

敵単体に攻撃し、50%の確率で防御力DOWNを2ターンの間付与する。

敵単体に攻撃し、50%の確率で防御力DOWNを2ターンの間付与する。

 

魂力解放(魂力10):効果発生率が100%になる。

憎悪の剣(調整前)

憎悪の剣(調整後)

敵単体に攻撃する。対象の最大生命力が自身より高くなるほど、自身のアクションゲージをUPさせる。アクションゲージ効果は最大30%までUPする。

敵単体に攻撃する。対象が精鋭・ボスモンスターの場合、自身に追加ターンが発生する。

 

ダメージDOWN

スキルターン:2

スキルターン:4

憎悪の剣【覚醒済】(調整前)

憎悪の剣【覚醒済】(調整後)

敵単体に攻撃し、自身に免疫を1ターンの間付与する。対象の最大生命力が自身より高くなるほど、自身のアクションゲージをUPさせる。アクションゲージ効果は最大30%までUPする。

敵単体に攻撃し、自身に攻撃力UP2ターンの間付与する。対象が精鋭・ボスモンスターの場合、自身に追加ターンが発生する。

 

ダメージDOWN

スキルターン:2

スキルターン:4

王位継承(調整前)

王位継承(調整後)

敵単体に攻撃し、自身に反撃・シールドを2ターンの間付与する。

対象の最大生命力が自身より高くなるほど、ダメージがUPし、最大60%までUPする。

自身の攻撃力が高いほどシールド効果がUPする。

敵単体に攻撃し、自身にスピードUP・シールドを2ターンの間付与する。

対象の最大生命力が自身より高くなるほど、ダメージがUPし、最大60%までUPする。

自身の攻撃力が高いほどシールド効果がUPする。

魂力解放(魂力20):【王位継承】の強化効果を1ターン延長し、追加ターンが発生する。

 

 

ダメージDOWN

 

エルバレンは自身より最大生命力が高い敵に大ダメージを与えられる英雄ですが、それ以外の目立つ強みが足りませんでした。今回の調整では、エルバレンが討伐ボスや精鋭モンスターのような強敵相手でもより積極的かつ攻撃的な立ち回りができるよう、スキルを大幅に変更します。

敵が精鋭・ボスモンスターの場合、「憎悪の剣」を使用して追加ターンを確保し、続いて「王位継承」を使用できるようになります。オートバトルでも「憎悪の剣」を優先して使用するようにAIの設定を変更します。また、免疫と反撃の代わりに、攻撃力UPとスピードUPを自身に付与するようになります。魂力解放効果は「復仇」の効果発生率UPに変更されるため、以前より確実に「防御力DOWN」効果を付与することができます。

スキルの連携による活用度が上がった分、各スキルのダメージはDOWNし、「憎悪の剣」のスキルターンは2ターンから4ターンに変更されます。

 

シェナ

不屈の闘志(調整前)

不屈の闘志(調整後)

攻撃力が30%UPし、クリティカル抵抗率が50%UPする。

攻撃時、クリティカルが発生しない。

攻撃を受けた時、クリティカルが発生しなかった場合、自身の攻撃力に応じて攻撃者にダメージを与え、【戦場の加護】を発動する。【戦場の加護】は2ターンに1回まで発動する。

戦場の加護:味方全体にランダム強化効果を1ターンの間付与する。

攻撃力が30%UPし、クリティカル抵抗率が50%UPする。

攻撃時、クリティカルが発生しない。

攻撃を受けた時、クリティカルが発生しなかった場合、自身の攻撃力に応じて攻撃者にダメージを与え、【戦場の加護】を発動する。【戦場の加護】は2ターンに1回まで発動する。

戦場の加護:味方全体にシールド・自身にスピードUP2ターンの間付与する。自身の攻撃力が高いほどシールド効果がUPする。

龍狩りの一撃(調整前)

龍狩りの一撃(調整後)

敵全体に攻撃し、100%の確率で命中率DOWNを2ターンの間付与する。

敵全体に攻撃し、100%の確率で命中率DOWNを2ターンの間、85%の確率で挑発を1ターンの間付与する。

龍狩りの一撃【覚醒済】(調整前)

龍狩りの一撃【覚醒済】(調整後)

敵全体に攻撃し、100%の確率で命中率DOWNを2ターンの間付与する。自身に反撃を2ターンの間付与する。

敵全体に攻撃し、100%の確率で命中率DOWNを2ターンの間、85%の確率で挑発を1ターンの間付与する。自身に反撃を3ターンの間付与する。

 

シェナのパッシブスキル「不屈の闘志」で発生する【戦場の加護】効果が改善されます。従来のランダム強化効果の不安定さをなくし、付与する強化効果を明確にしました。これによって、従来より安定した立ち回りが可能になります。また、「龍狩りの一撃」に挑発効果が追加され、反撃の持続ターンが増えるため、「不屈の闘志」と反撃効果の効率向上を期待できます。

 

なお、シェナの専用装備2と3の効果を以下のように調整します。

 

専用装備2(調整前)

専用装備2(調整後)

【戦場の加護】で付与するランダム強化効果の持続ターンが1UPする。

【戦場の加護】のシールド効果が20%UPする。

専用装備3(調整前)

専用装備3(調整後)

【龍狩りの一撃】を使用した後、自身に攻撃力UP(大)を2ターンの間付与する。(反撃より優先)

【龍狩りの一撃】を使用した後、自身に攻撃力UP(大)を3ターンの間付与する。(反撃より優先)

 

専用装備の効果変更により、バランス調整が適用されるメンテナンスから2週間、専用装備のオプション変更機能を提供いたします。オプション変更機能の提供は、バランス調整の適用によってオプションが変わった専用装備に限ります。なお、当該メンテンナンスよりも後に獲得した専用装備はオプション変更の対象に含まれません。オプション変更が適用された専用装備は既存のステータスがそのまま維持され、一度変更した専用装備のオプションは再度変更できません。

 

1-1-3. ★4月影英雄

 

大族長 カワナ

モチベーション(調整前)

モチベーション(調整後)

クリティカル発生率が30%UPする。

味方が連携攻撃を受けた時、自身の攻撃力が15UPする。攻撃力UP効果は最大5まで累積する。

クリティカル発生率が30%UPする。

味方が連携攻撃を受けた時、自身の攻撃力が25UPする。攻撃力UP効果は最大3まで累積する。

 

 大族長 カワナはカイデス討伐などのPVEコンテンツで更に活躍できるようになります。今回のバランス調整でパッシブスキル「モチベーション」の攻撃力UP%を上方調整し、以前より早く攻撃力の最大値に到達できるように改善します。同時に攻撃力UP効果が累積する最大回数が3回に調整されます。ただ、攻撃力UPの最大値の場合、従来と変わりはありません。

 

1-1-4. ★3月影英雄

 

リコリス

閃光斬(調整前)

閃光斬(調整後)

敵全体に攻撃し、100%の確率で強化効果を1つ解除する。

味方全体の弱体効果を1ターン短縮させ、敵全体に攻撃し、それぞれ80%の確率でスピードDOWN・束縛を2ターンの間付与する。

 

ダメージUP

スキルターン:3

スキルターン:5

 

先遣部隊長 リコリス

最強槍術(調整前)

最強槍術(調整後)

敵全体に攻撃し、100%の確率で強化効果を1つ解除し、75%の確率で束縛を2ターンの間付与する。

攻撃の命中判定と関係なく、75%の確率でアクションゲージが最も高い敵にスタンを1ターンの間付与する。自身の生命力を回復する。自身の最大生命力が高いほど回復量がUPする。

味方全体の弱体効果を2ターン短縮させ、敵全体に攻撃し、それぞれ80%の確率でスピードDOWN・束縛を2ターンの間付与する。

 

ダメージUP

スキルターン:3

スキルターン:5

壮健のルーン(調整前)

壮健のルーン(調整後)

生命力が20%UPする。

攻撃力が15%UPする。

岩石のルーン(調整前)

岩石のルーン(調整後)

防御力が15%UPする。

クリティカル発生率が10UPする。

言語のルーン(調整前)

言語のルーン(調整後)

味方全体の命中率が5UPする。

味方全体の攻撃力が5UPする。

成就のルーン(調整前)

成就のルーン(調整後)

闇属性の敵に攻撃する時、ダメージが20UPする。

【速突】のダメージが10%UPする。

楔のルーン(調整前)

楔のルーン(調整後)

【速突】使用時、対象が闇属性の場合、30%の確率で追加ダメージを与える。ダメージは自身の攻撃力が高いほどUPする。

【速突】使用時、100%の確率でダメージの5%分を回復する。

勇気のルーン(調整前)

勇気のルーン(調整後)

【最強槍術】の回復量が200%UPする。

【最強槍術】のすべての効果発生率が20%UPする。

犠牲のルーン(調整前)

犠牲のルーン(調整後)

ターン開始時、自身の生命力が20%以下の場合、100%確率で自身の弱体効果を1つ解除する。

【加勢】使用時、10%の確率でスピードUPの持続ターンが3ターンになる。

氷結のルーン(調整前)

氷結のルーン(調整後)

自身の生命力が50%以下の時、攻撃力・防御力20%UPする。

ターン開始時、自身が弱体状態でない場合、100%の確率で攻撃力UP1ターンの間付与する。

 

先遣部隊長 リコリスの、多少活用が難しかったルーン効果を全体的に改善し、カイデス討伐などのPVEコンテンツで強い攻撃役として活躍できるようにスキル効果を変更します。スキル「最強槍術」は、敵全体の強化効果を解除するのではなく、味方全体の弱体効果を2ターン短縮させる効果に変更され、スタンは敵全体のスピードDOWN効果に変更されます。

弱体効果の発生率とスキルダメージもUPするため、「最強槍術」のスキルターンは5ターンに調整します。

 

ユーリ

戦場の叫び(調整前)

戦場の叫び(調整後)

味方全体に免疫を2ターンの間付与する。

味方全体に免疫を2ターンの間付与し、味方全体の弱体効果を1ターン短縮させる。

戦場の叫び【覚醒済】(調整前)

戦場の叫び【覚醒済】(調整後)

味方全体にスピードUP・免疫を2ターンの間付与する。

味方全体に攻撃力UP・免疫を2ターンの間付与し、味方全体の弱体効果を1ターン短縮させる。

 

 ユーリのスキル「戦場の叫び」で味方に付与する効果はスピードUPから攻撃力UPに変更します。更に味方の弱体効果を1ターン短縮させる効果を追加します。今回の調整で、ユーリが様々なPVEコンテンツで味方をサポートする役割として活躍できることを期待しております。

 

アロウェル

盾突(調整前)

盾突(調整後)

敵単体に攻撃し、75%の確率で強化効果を2つ解除する。自身の最大生命力が高いほどダメージがUPする。

敵単体に攻撃し、それぞれ75%の確率で強化効果を2つ解除する。自身の最大生命力が高いほどダメージがUPする。

 

ダメージUP

 

魂力解放(魂力10):効果発生率が100%になる。

護衛(調整前)

護衛(調整後)

バトル開始時・自身のターン開始時、生命力状態が最も悪い味方にシールドを2ターンの間付与する。自身の最大生命力が高いほどシールド効果がUPする。

バトル開始時・ターン終了時、自身に護衛を1ターンの間付与する。

自身以外の味方が単体攻撃を受けた後、自身のアクションゲージを10UPさせる。

防御態勢(調整前)

防御態勢(調整後)

敵単体に攻撃し、100%の確率でスタンを1ターンの間付与する。自身の最大生命力が高いほどダメージがUPする。

敵単体に攻撃し、100%の確率でスタンを1ターンの間付与する。自身の最大生命力が高いほどダメージがUPする。

 

攻撃力がダメージに与える影響DOWN
 
最大生命力がダメージに与える影響
UP

防御態勢【覚醒済】(調整前)

防御態勢【覚醒済】(調整後)

敵単体に攻撃し、100%の確率でスタンを1ターンの間付与し、アクションゲージを30DOWNさせる。アクションゲージDOWN効果は効果抵抗を無視する。自身の最大生命力が高いほどダメージがUPする。

敵単体に攻撃し、100%の確率でスタンを1ターンの間付与し、味方全体にシールドを2ターンの間付与する。自身の最大生命力が高いほどダメージとシールド効果がUPする。

 

攻撃力がダメージに与える影響DOWN
 
最大生命力がダメージに与える影響
UP

魂力解放(魂力20):効果抵抗を無視する。

 

 

アロウェル場合、生命力を高める装備を揃えると更に活躍できるように、最大生命力がダメージに与える影響を上方調整します。敵の強化効果を解除する「盾突」の効果も改善されるので、より確実に味方を守れるようになります。

 

1-2. 古代遺物のバランス調整

 

1-2-1. ★5古代遺物

 

アレンシノクスの逆鱗

効果(調整前)

効果(調整後)

敵・味方のターン開始時、自身のクリティカル発生率が1.0%(最大2.0)UPする。

最大20回まで累積する。

クリティカル発生率が15UPする。

自身のターンに追加攻撃をした後、アクションゲージが10(最大20)UPする。

 

アレンシノクスの逆鱗はクリティカル発生率をUPさせることはできるものの、最大効率を発揮するまで時間がかかりすぎていました。今回の調整ではクリティカル発生率の数値を固定し、追加攻撃を発生させる英雄が装備した時に相乗効果を出せるように改善します。

 

両刃剣デクレッシェンド

効果(調整前)

効果(調整後)

敵単体に攻撃した後、自身の攻撃力が5%(最大10)UPし、対象に15%(最大30)の確率で沈黙を1ターンの間付与する。

攻撃力UP効果は、最大3回まで累積する。

回避率が20%UPする。

攻撃を回避した時、15(最大30)の確率で反撃する。

 

両刃剣デクレッシェンドは単体攻撃という発動条件があり、また沈黙の発生率が低かったため、活用が難しいとされていました。今回の調整では、アサシン専用の古代遺物として活用度の高い回避効果に変更し、バトルの流れを変えられるように反撃効果を追加します。

 

8/4(木)に実装予定の定期バランス調整の内容は以上となります。

いつもエピックセブンをご愛顧いただいている継承者の皆様へ、心より感謝いたします。これからも皆様からの様々なご意見に耳を傾け、よりゲームを楽しんでいただけるよう尽力してまいります。

 

今後とも「エピックセブン」をよろしくお願いいたします






댓글 5

  • images
    2022.07.22 09:37 (UTC+0)

    BESTエルバレン自体、全体的にみてそんなに使用頻度高くないキャラなのに今更PvE仕様にしてナーフするのはどうゆうことなんですか?

    PvE自体キャラ色々いて選び放題な中、対人で一部の人が好んで使っていた程度の尖った性能してるキャラを弱体化調整するのはおかしいと思います。

    仮にこの仕様に変更するならリコール含め再検討していただきたいです。

  • images
    2022.07.24 05:52 (UTC+0)

    BESTエルバレンの調整について、02/19に発表された今後のバランス調整の方向性についての記載にある

    > 【闘技場】【ギルド戦】【ワールドアリーナ】で、より様々な英雄がそれぞれ活躍できることを目標としております

    という声明からも外れるものであり、今までvPコンテンツでエルバレンを使っていたユーザーが一番失望する内容かと思います。

    どうかご再考願えませんでしょうか

  • images
    2022.07.22 09:37 (UTC+0)

    エルバレン自体、全体的にみてそんなに使用頻度高くないキャラなのに今更PvE仕様にしてナーフするのはどうゆうことなんですか?

    PvE自体キャラ色々いて選び放題な中、対人で一部の人が好んで使っていた程度の尖った性能してるキャラを弱体化調整するのはおかしいと思います。

    仮にこの仕様に変更するならリコール含め再検討していただきたいです。

  • images
    2022.07.22 13:30 (UTC+0)

    【転換の数珠】と【高貴なる鉄扇】もそろそろ救ってあげて下さい…

  • images
    2022.07.23 05:39 (UTC+0)

    PvEキャラとかどうでもいいからPvPにもっと気を使って調整してくれレムだなヴィオレタだの同じ顔ばっかでつまんねーから!お偉いさんのお気に入りのキャラばっか強くすんなつーのてめーらが媚び売る人間はユーザーだろうが!

  • images
    2022.07.23 05:45 (UTC+0)

    光リディカのS2のアクションゲージ量を対象数×25%から対象数×35%に上げて、敵が三人しかいない攻城戦(GVG)や今年の第3四半期内に実装予定の闘技場の3Team VS 3Teamでも使えるようにしてほしいです。

  • images
    2022.07.24 05:52 (UTC+0)

    エルバレンの調整について、02/19に発表された今後のバランス調整の方向性についての記載にある

    > 【闘技場】【ギルド戦】【ワールドアリーナ】で、より様々な英雄がそれぞれ活躍できることを目標としております

    という声明からも外れるものであり、今までvPコンテンツでエルバレンを使っていたユーザーが一番失望する内容かと思います。

    どうかご再考願えませんでしょうか

開発者ノート의 글

STOVE 추천 컨텐츠