작성 시간 2024.07.04
image

新月のルナ
이미지

遠い昔、魔法で角と尻尾を隠し、人間界に紛れ込んだ半龍。 今は王城の魔法使いとして働いている。 龍族ならではの魔力を活かし、大規模の魔法を使うことに長けており、魔法で作った槍を自在に操る能力を持っている。 龍を黒魔術石に変えてしまう呪文を使い、永遠に続くと思われたウィンド族とカルン族、龍同士の戦争を終結に導き、彼女は平和をもたらした英雄、または人間が聖域に辿り着けるように貢献した英雄と称えられている。 しかし本人は、その呼称が気に入らない様子だ。

2024.07.04
2024.07.04 06:00
작성 시간 2024.06.27
image

奈落のセシリア
이미지

彼女が住んでいた平行世界のエウレカでは、大陸の覇権を握るため2つの龍族が長い間争っていた。 その争いのさなか、とある龍族が侵入者から村を守る魔法という嘘で巨大な魔法陣を作り、これを発動させて一族をすべて黒魔法石に変えた。 セシリアは一族の復讐のためにその龍を追っていたところ、「とある黒魔道士が龍を装い片側の一族を掃討したことで、果てしない龍の戦争が終わり、大陸に平和が訪れた」という英雄譚を耳にする。 セシリアはやっと、全ては「ルナ」という名の邪悪な人間の企みであったとを気付く。 そしてセシリアは、復讐のために彼女を探す旅に出る。

2024.06.27
2024.06.27 06:00
작성 시간 2024.06.20
image

不死型 ゴクウ
이미지

ポリティア開発の新素材で作られた自動人形。 どのような衝撃にも耐えられる身体を持っており、KINKOJIというプログラムを利用しないと破壊できない。 作戦に投入されるにはリスクが大きいという判断の下にしばらく封印されていた。 しかし、ポリティアの1級極秘任務を遂行できる者が必要となったため、適任は一人しかいないという結論から【不死型 ゴクウ】にその任務が任されることになる。 任務に失敗した場合は自動的にKINKOJIが発動して死ぬことになるが、任務完遂の暁には「統制不可能のトラブルメーカー」という評価を取り下げ、KINKOJIも解除するという条件をかけられた。

2024.06.20
2024.06.20 06:10
작성 시간 2024.05.23
image

龍の伴侶 シェナ
이미지

龍王に捧げられた「花嫁」という名の生け贄。 幼い頃、津波によって家族を全て亡くし、実の姉のように頼っていた人が生贄に捧げられた後、厄災と苦難で人を蹂躙する神に復讐すべく自ら生贄となる。 だが真相は違うものだった。生贄が龍王の要求ではなく、孤児を処分したかった村人たちの名分に過ぎなかったのだ。 シェナは龍王が実は生贄に捧げられた子供たちを保護し成人になったら陸へ送っていたこと、台風や津波は人間を罰するための神の行いではなく、自然の循環による現象だという事実を知る。 しかし龍王がそうやって育てた子供の一人が如意宝珠を盗み出したせいで、これ以上波風をコントロールできなくなったことを知ったシェナは秩序と平和を取り戻すべく、シャルンから龍の力を分けてもらった後、冒険に出る。

2024.05.23
2024.05.23 06:00
작성 시간 2024.05.16
image

ビルギッタ
이미지

スクッギヘイムで一番有名な情報屋。 代々有名な情報屋家門の出身である。 スクッギヘイムの情報は知らないことがなく、最近はエルラシア全域の情報も手に入れつつあるという。 主な取引先は同族であるスクッギヘイムの影のエルフ。しかし種族に関わらず色んな相手と密かに情報の取引や交流を行っている。 だがこのことが同族にバレて仕事を失い排斥されることを恐れ、影のエルフ以外の種族との取引は報酬を高額に設定し隠密に行っている。 座右の銘は「知識は力なり」。 様々な人と情報を交換することでできる限りたくさんの情報を掴み、それを武器にするのが自分の役割であり目的だという信念がある。

2024.05.16
2024.05.16 06:00
작성 시간 2024.05.02
image

さすらいの王子 シダー
이미지

遠く離れたどこかの王国の14番目の王子。 正体を隠して世界を巡り、面白い物語を集めている途中、旅客船が海賊の襲撃を受け、集めた物語の中に【海の宝石】に関する資料があったことを理由に捕虜となった。 死を免れるため一生懸命プランに媚びながら航海日誌を書いている。 今感じる胸騒ぎが命の危機によるものなのか、興味津々な冒険によるものなのかは彼自身にもわからない。

2024.05.02
2024.05.02 08:00
작성 시간 2024.04.25
image

バアル&セザン
이미지

陰り沼【ソライユ】周辺に隠居していた「偉大なる黒魔道士」セザン・セルジャン。 彼女の執事を自称する「追従者で下僕で弟子」だったバアル・シャンヘル。 リタニア大陸の全ての魔法を制覇したセザンは更に強く神秘的な力を求めた。 その結果、禁じられた魔法にまで手を出した挙げ句、外宇宙の力を引き出す儀式に至ってしまう。 儀式そのものは成功したが、強すぎる力が一気に押し寄せセザンの肉体と精神はバラバラに引き裂かれた。 不幸中の幸いとして、消滅する直前だった彼女の魂をバアルが人形に宿し、魂だけはこの世に残ることができた。 下僕・執事・弟子に過ぎなかったバアルだけを頼り元の体を取り戻すべく旅に出たセザン。 彼女の苦しみとは裏腹に、バアルはこの旅が永遠に続くことを願っている。

2024.04.25
2024.04.25 08:00
작성 시간 2024.04.25
image

灰森のイセリア
이미지

一時は「白き花の騎士」「誓いの剣」と呼ばれた、王国で最も高潔な騎士。 大飢饉の元凶である「黒き魔女」を討伐したが、そのせいで魔女の呪いにかかってしまう。 魔女の呪いによって恋人と仲間に剣を向けたことにショックを受け、誰もいないような場所を探して彷徨い、自分が倒した魔女の城に向かう。 そこに残っていた痕跡を見て、自分が倒した魔女もこの城に住んでいた前代魔女を殺し、呪いにかかり自分を殺してくれる人を待ちながら一人で閉じこもっていた事実を知る。

2024.04.25
2024.04.25 08:00
작성 시간 2024.04.18
image

シャルティア・ブラッドフォールン
이미지

ゲーム「ユグドラシル」内の、ナザリック地下大墳墓の100レベルのNPC。 ナザリック地下大墳墓の第一、第二、第三階層の守護者。 まるで彫刻で作られた人形のような、美しい外見のヴァンパイア。 血の狂乱が発動すると、本来の姿が現れ、凄まじい外見に変貌する。 完全武装状態の戦闘力でいうと、ナザリック最強の階層守護者と呼ばれる程、驚くべき戦闘力を持っている。 アインズを最高の美の存在かつ主と思い、彼に仕えている。

2024.04.18
2024.04.18 06:00
작성 시간 2024.04.18
image

アルベド
이미지

ナザリック地下大墳墓の守護者総括。 ナザリック地下大墳墓の守護者総括を務めている。 「ユグドラシル」サービス終了日、モモンガによって「モモンガを愛している」という設定が追加されたためモモンガ(以後アインズ)へ無限の忠誠と愛情を捧げている。 アインズに無礼な態度を取る者、アインズを疑う者には敵意を表す。 シャルティアとは正妃の座を巡って争う仲。人間を下等な生き物だと見下している。

2024.04.18
2024.04.18 06:00
작성 시간 2024.04.18
image

アインズ・ウール・ゴウン
이미지

ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のギルドマスターで、ゲーム「ユグドラシル」では総合レベル100に到達しているマジックキャスター。 ギルドメンバーたちに強い愛情を持っており、彼らが去った後もナザリック地下大墳墓を守っていた。 しかしユグドラシルのサービス終了日、世界が変わり、異世界に転移することになる。 異世界に転移した後は「モモンガ」から「アインズ・ウール・ゴウン」に改名し、階層守護者を従わせナザリック地下大墳墓の統治者として君臨する。 異世界の国や生き物と友好的な関係を築こうとしており、自分の勢力と魔導国を拡大しつつある。 自分のように異世界に飛ばされたかもしれない他のプレイヤーを探している。

2024.04.18
2024.04.18 06:00
작성 시간 2024.04.11
image

海の亡霊 ポリティス
이미지

海賊の間では、豪華旅客船【パラディア号】の噂が話題になっている。 その噂とは、暴風雨の日に幽霊船が現れ、その幽霊船には遠くから見える程の宝石があるという内容らしい。 宝石は各国の富豪たちが身にしている貴重品だらけ。 だがそれを取ろうと船に足を踏み入れた瞬間、理性を失ってしまい、死ぬまで踊り続けるという。 大海原を漂う幽霊船の宴会場では毎日舞踏会が開かれる。 笑っているのか、それとも泣いているのか、区別のつかない表情で踊る亡霊の間で、ポリティスは新たな乗客を待っている。

2024.04.11
2024.04.11 06:00
작성 시간 2024.04.11
image

ナユル
이미지

ナユルがまだ幼かった頃、彼女の両親は悪鬼を封印する過程で命を失った。 生まれつき体が弱かったナユルを心配した師匠は、彼女に親と違う道を歩んで欲しいと思っていた。 しかしナユルは自分の両親が何故そのような結末を迎えたのかを知り、親と同じく道士になることを選ぶ。 ある日、ナユルは悪鬼に取り憑かれた幼いシホと出会う。 まだ幼いシホの姿に哀れみを感じたナユルは、シホを封印せず自分の使い魔にして一緒に行動する。 時間が経ち、シホのために禁じられた術を使ったナユルの体と術は弱まってしまうが、シホは暴走して人間と対峙することになる。 結局、最も親しい仲であったシホを封印した後、間もなく死を迎える。

2024.04.11
2024.04.11 06:00
작성 시간 2024.04.04
image

執行人ヴィルドレッド
이미지

聖約の継承者にとって最も頼もしい味方だったが、最凶の敵と成り果てた不運の剣士。 繰り返される世界で、他の継承者たちと共に魔神の軍勢に対抗していた。 しかしカイロンによって前の世界の記憶を取り戻すことになり、世界と聖約の継承者に対する信頼を失い、深い絶望に落ちる。 まもなくして、理不尽な世界と無意味な犠牲を終わらせるため決断を下し、魔神アングラフの力を受け入れる。 そして、自分なりの信念に従って世界を救うと誓い、長い間信じて守って来たものを自分の手で斬り倒して行く。

2024.04.04
2024.04.04 06:00
작성 시간 2024.04.04
image

ケン
이미지

孤児として生まれ、一時期は路地裏を転々したが元気で明るく成長した18歳の少年。 過去の経験から、ケンの人生の目標は自然に「生き残るために強くなり、己を鍛えて腕を磨くこと」となった。 鈍感そうに見えて、実は判断が鋭く頭の回転も速いため、芝居も打てる。 言葉を深く考えず口に出してしまいたちだが、自分が悪いと思った時は素直に謝る。 一見軽薄そうだが、実は他人を思いやれる性格。

2024.04.04
2024.04.04 06:00
작성 시간 2024.04.01
image

冠のサンドバッグ
이미지

5年間、スキル練習場で黙々と英雄たちのスキルの実験台にされてきたサンドバッグ。 偶然にエイプリルフールの主人公となり「マジカルパワー」を手に入れたサンドバッグは、 恨みを持っていたエピックセブンの英雄たちをその力で全て消滅させ、自分が主人公になるという計画を立てる。 いきなり力を得たせいで調子に乗っており、普段からエピックセブンの英雄たちを恨みながらも羨ましく思っていたため、彼らの台詞を適当に真似している。

2024.04.01
2024.04.01 06:00
작성 시간 2024.03.31
image

ディエネ
이미지

魔神戦争の英雄。まだ幼かった頃に女神の啓示を受けて立ち上がり、魔神を倒したという。 人々は彼女を「聖女」と称え、城と民を捨て逃げ出した王の代わりを務める女王として推戴した。 そうやって女王となったディエネは、一生の間優秀な指導者であり、女神教の信徒であった。 イゼラには彼女にまつわるストーリーが数多くあるが、「蒼の聖十字架会」がわざと広めた噂ではないかと疑って好ましく思わない者たちもいる。

2024.03.31
2024.03.31 15:00
작성 시간 2024.03.28
image

残影のヴィオレタ
이미지

新たな秩序を計画する、ファーランド第2の権力者。本来はファーランドの自由を守護するため、リリアスの反乱を阻止する立場だった。 しかし彼が不在の間、都市はアーケン軍に占領されてしまう。 ファーランドに帰還したヴィオレタは、議会の貴族たちは逃亡し市民たちは街を守っていた彼の家、ハリスン家の者たちを手に掛けてアーケン軍に命乞いしたということを知る。 ヴィオレタはアーケン軍から都市を取り戻すが、澄ました顔で戻って来る自己保身的な貴族たちと卑屈な市民たちの態度に幻滅を覚える。 やがて彼は上層部を討ち、リリアスと手を組む。リリアスが王座を手に入れ、ファーランドは富強ながらも恐怖と暴力が蔓延る街に変貌する。 しかしヴィオレタは、自分の手で創り上げた今のファーランドこそ正しいと信じて疑わない。

2024.03.28
2024.03.28 06:30
작성 시간 2024.03.21
image

ゼニュア
이미지

エルラシア大陸のローランド家に生まれたヴァンパイア。 ゼニュアは吸血を控えて人間と影のエルフを生け贄にする行為を中断しようとする団体に加入した。 しかしそのせいでゼニュアは裁判を受けることになり、追放者の烙印を押されてしまう。 その後、ローランド家は没落し、ゼニュアは志を共にする追放者たちと共に故郷を離れリタニアへ移住する。 しかし、追放者同士の争いや没落に幻滅したゼニュアはウェドレームに向かい、野良犬団を立ち上げ傭兵業を始める。 そんなある日、過去の自身が追いかけていた事件を解決するためにエルラシアへ旅立つが……

2024.03.21
2024.03.21 06:00
작성 시간 2024.03.21
image

シダー
이미지

ゼニュアが捨てられた要塞で見つけた野良犬の少年。 空いている要塞の一つを傭兵団のアジトとして使う予定だったゼニュアは、 偶然発見した少年の名前から取って「野良犬団」という名の傭兵団を立ち上げた。 シダーは、自由奔放でありながらも荒っぽい傭兵団の雰囲気に似合う明るく元気な姿に成長し、 野良犬団に必要不可欠なマスコット的存在となった。 ゼニュアの命令であれば何でもそつなくこなすが、余計なことを言ってゼニュアから怒られることが多い。

2024.03.21
2024.03.21 06:00
작성 시간 2024.03.14
image

孤月のヴェローナ
이미지

東洋風の衣服を取り扱うデザイナーブランドのモデル。 武術の名家生まれで、東方の軽身功を用いた戦い方で名を馳せている。 他人を判断する時、外見・家柄・個人の名声は一切気にせず、ただ自分と戦って、その実力を認めた相手としか言葉を交わさない。 それ以外の相手は徹底的に無視するか、自分から話しかけず人を通して連絡するだけである。

2024.03.14
2024.03.14 06:00
작성 시간 2024.03.14
image

ザハーク
이미지

数代に渡り、大師としてテラナドの皇帝たちを補佐してきている人物。 テラナドの国運に関わる事件が発生し、解決される度にその名が取り沙汰されるため、【皇室の守護者】と呼ばれている。 世間に知られている彼の情報はごく一部に過ぎず、そのほとんどが誇張された話や荒唐無稽な話であることが多い。 それでも共通して伝えられるのは、幾星霜を経ても変わらない美貌の話だという。

2024.03.14
2024.03.14 06:00
작성 시간 2024.03.07
image

ルルカ
이미지

オルビスから遠く離れた惑星、レコスの少女。 神殿を管理し、大自然の精霊と繋がり、巫女として平穏な日常を過ごしていたルルカだが聖騎士から【漆黒の騎士】になり果てたストラゼスが惑星と同名の神、レコスを殺めてから、何もかもが変わってしまう。 生命の力を無くした惑星は、一瞬にして荒れ果て、ほとんどの住民は魔物の攻撃と伝染病より死を迎えた。 すべての元凶であるストラゼスへの復讐を誓ったルルカ。 それを見守っていたレコスの精霊たちは、最後の希望を彼女に託し、ストラゼスの行き先であるオルビスへ、ルルカを送るのであった。

2024.03.07
2024.03.07 06:00
작성 시간 2024.03.07
image

リリアス
이미지

王国が没落し、共和政になっても旧パルティアン王族や貴族家が実権を握っている城塞都市ファーランド。 幼い頃から王家の血統として、シティーロードになるための教育を受けたリリアス。 彼女は自分の血統に高いプライドを持っていた。 かつての王族というプライドから生まれた彼女の野心は次第に強くなり、やがて理性の限界を超えてしまう。 そして彼女と都市の運命は狂い始めるのだった。

2024.03.07
2024.03.07 06:00